県内有数の工業地域 刈谷市の特徴

刈谷市の住みやすさ

刈谷市は愛知県の西三河地方でも西側にある市で、愛知県では中央西寄りに位置しています。

歴史的に三河国と尾張国の国境を形成していた二級河川の境川が西端を流れており、田畑が広がるような平坦な土地が特徴です。

美術館や総合文化センター、郷土資料館など刈谷市について知れるような場所も充実しており、家族で訪問することができます。
トヨタグループを中心に第二次産業も振興しており、工場や愛知産業技術研究所なども位置しています。

刈谷市にはJR東海の東海道本線や名古屋鉄道の名古屋本線、三河線が通っています。
またJR東海の刈谷駅付近には、飲屋街や商店街などが賑わっています。

刈谷市の学区

刈谷市の学区には17の小学校の通学区があり、その17の小学校を統合するように6つの中学校の通学区があります。

刈谷南中学校学区には亀城小学校・衣浦小学校・住吉小学校、刈谷東中学校学区には亀城小学校・小高原小学校・日高小学校、富士松中学校学区には富士松南小学校・富士松北小学校・富士松東小学校、雁が音中学校学区にはかりがね小学校・平成小学校・富士松南小学校、依佐美中学校学区には小垣江小学校・双葉小学校・小垣江東小学校、朝日中学校学区には東刈谷小学校・朝日小学校が割り当てられています。

刈谷市が目指す教育像には、子どもたちの学力および体力を向上させて、自己肯定感や自己有用感をもつ子どもたちを育むようなビジョンが設定されています。
グループ学習や少人数学習を通して学力を向上させる施策だけではなく、命の大切さについて考える機会や体力作りの一環で食育などにも力を入れているようです。

刈谷市の保育園

刈谷市の保育園には、11の市営保育園と社会福祉法人が運営している7つの保育園があります。

11の市営保育園のうち、最大で180名受け入れ可能なところが3箇所、160〜170名が6箇所、130名が1箇所で、あとは45名が1箇所あります。
7つの社会福祉法人運営の保育園に関しては、122〜135人の範囲の受け入れ定員を持つ保育園が4箇所、90名の受け入れ定員が3箇所となっています。

保育時間はほとんどのところで午前7時〜7時半から開始しており、終了時刻に関しては午後6時〜8時までバラツキがあります。
おがきえ保育園、あおば保育園、こぐま保育園、第二こぐま保育園、空のうさぎ保育園は休日保育も対応しています。

関連記事