不動産投資の教科書

不動産投資をはじめよう!

 不動産投資と聞くと、どんなイメージがありますか?代々の地主さんや、お金持ちしかできない投資?借金をするもの?ワンルームマンションをいくつも買うもの?いろいろなイメージがあると思いますが、実は、いろいろなやりかたがあり、その人にとって最適なやり方を見つけることができれば、生活の余裕や、将来の安心をえられるものだったりします。

どんなものがあるのか、ここでは解説をしたいとおもいます。

不動産投資の基本

 不動産投資の大前提は、「物件を所有し、それを活用することで、収益を得る」ことです。この形だけみれば、貯金や、投資信託などと同じように見ることができます。それらの投資との違いは、物件が不動産であること。そして不動産にはいろいろな種類があります。

 土地、住宅、駐車場、店舗・商業ビル・工場など。そして、それぞれの種類ごとに収益の入り方もことなります。土地なら地代、住宅なら賃貸料。駐車場なら月額や時間料金。店舗・商業ビル・工場なら、企業から入る収入になります。

 さらに、所有の形態にもいくつかの種類があります。相続で受け継ぐ人、現金で買う人、ローンを組む人、です。この中で一番多いのはやはり「ローンを利用する」人です。

 さらに、買った物件を最終的に売却して手放すことで収益を得ることもできます。賃料など物件から直接得られる収益のことを「インカムゲイン」、値上がりした資産を売却して得られる収益のことを「キャピタルゲイン」と呼びます。不動産投資ではその両方を組み合わせて収益を得ることもあります。

 不動産投資は他の投資と違って、これら不動産に関する知識を得ることが必要です。そのため、株式投資などと比べて取り組みにくい側面があることも事実です。そのため、不動産を所有して、収益を得るところはプロにおまかせする仕組みもあります。それが不動産ファンドです。得意でないことはプロに任せるのも一つの方法でしょう。

このように不動産投資を始めるには知っておいたほうが良いことがいくつかあります。ひとつひとつ学んでいきましょう。

年齢別、おすすめ不動産投資

まずは、あなたの年齢から、どういった不動産投資があるのかをご紹介します。下記の記事から自分に近いと思えるものをまずは読んでみて下さい。

不動産の手順

どんなタイプの不動産投資でもかならず手順は同じです。

 不動産投資は物件を取得しなければ始めることはできません。そこで大事になるのが物件探しの方法です。物件を探すと言っても、単に安いというだけではなく、本当に収益が得られるのか?なにかトラブルは起こらないか?を常に考える必要があります。物件探しの方法についてはこの記事にも詳しく書きました。

不動産の知識

 不動産について、最低限知っておいたほうが良い知識というものもあります。

不動産投資に関する記事の一覧はこちら