名古屋からの日帰りも可能!休日は愛知の離島でのんびりリフレッシュ

週末は都会の喧騒を離れ、自然豊かな場所でゆっくり過ごしたいという方も多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめしたいのが、名古屋からの日帰りが可能な離島へのトリップ。

この記事では、愛知県内にある人気の離島をピックアップし、おすすめポイントや名古屋からのアクセス情報などをまとめてみました。
島旅は手軽に非日常感を味わえる人気の過ごし方なので、週末のお出かけ先でお悩みの方はぜひチェックしてみてくださいね。

名古屋から一番近い島【日間賀島】

日間賀島(ひまかじま)は知多半島の先端から約2キロのところにある離島です。
ゆっくり歩いても2時間ほどで一周できる小ささですが、豊富なアクティビティと美味しい食事が評判を呼び、愛知県内で最も観光客の多い島となっています。

日間賀島のおすすめポイント①

日間賀島と言えば新鮮な魚介類が楽しめることで人気ですが、中でもタコとフグは日間賀島を代表する名物です。
「多幸(タコ)の島、福(フグ)の島」とも呼ばれ、日間賀島のシンボル的な存在として島の人たちに親しまれています。

タコ料理は年間を通して食べることができ、島内にある多くの飲食店で提供される人気のメニューです。
日間賀島特産の「タコ丸茹で」をはじめ、刺身や唐揚げ、タコしゃぶなど、普段はなかなか出会うことのできないタコのフルコースが楽しめます。
その他にも、大あさり・しゃこ・ハモ・うに・穴子・天然真鯛・伊勢海老など、四季折々の旬の味覚を味わえるのが日間賀島の魅力です。

日間賀島のおすすめポイント②

日間賀島には観光客向けの様々な体験プログラムが用意されています。
中でもイルカとのふれあいやタコのつかみ取り、干物づくりに底引き網漁など、日間賀島ならではの漁業に関連したプログラムがファミリー層を中心に人気となっています。

また近年では、海のリラクゼーションプログラムやドルフィン・アシステッド・セラピー(イルカとふれあうことで心身の健康促進をするヒーリング療法)なども実施。
癒しや元気を求めている方は、ぜひ日間賀島の体験プログラムをチェックしてみてください。

<日間賀島の基本情報>

所在地 〒470-3504 愛知県知多郡南知多町日間賀島
名古屋からのアクセス 電車:名鉄河和線「河和」駅より徒歩約5分、河和港から高速船で約20分
車:豊丘ICから約10分、師崎港から高速船で約10分
公式サイト https://www.himaka.net/

恋人の聖地に認定された人気スポット【篠島】

篠島(しのじま)は広大な砂浜と「日本の夕日百選」にも選出された美しい夕景が楽しめる人気の離島です。
日間賀島から高速船で10分程度の位置にあるので、1日かけて日間賀島と篠島を巡ってみるの良いでしょう。
こちらもフグや鯛などの魚介類が名物となっており、海を眺めながら新鮮なグルメを味わえるのが魅力となっています。

篠島のおすすめポイント①

篠島では様々な魚介を楽しむことができますが、中でも最も盛んに漁が行われているのが“しらす”です。
夜に漁船が出航する際は、まるで昼間のように港が明るくなるそうで、篠島でしか見られない圧巻の景色と言えます。

しらすと言えば釜揚げで食べるのが一般的ですが、篠島では新鮮なしらすを生で食べることができます。
しらすの食べごろは4月~12月なので、生しらすを食べたいという方はこの期間にお出かけしてみてくださいね。

篠島のおすすめポイント②

篠島は、「東海の松島」とも呼ばれる美しい景色が楽しめるのも特徴です。
島の西側はあまり人の手が入っておらず、自然にできた小さな砂浜や入り江から眺める夕景は東海地方随一。
天気の良い日は海の透明度も高く、思わず時を忘れて眺めてしまいます。

また島内の「太一岬・キラキラ展望台」は恋人の聖地に選定されており、海水浴場沿いに設置されたサテライトスポットで愛の鐘を鳴らすことができます。
全室海側で絶景が楽しめるホテルもあるので、カップルの週末デートにもおすすめです。

<篠島の基本情報>

所在地 〒470-3505 愛知県知多郡南知多町篠島
名古屋からのアクセス 電車:名鉄河和線「河和」駅より徒歩約5分、河和港から高速船で約25分
車:豊丘ICから約10分、師崎港から高速船で約10分
公式サイト http://www.shinojima-aichi.com/

癒しとアートの島【佐久島】

佐久島は三河湾のほぼ真ん中に位置しており、面積の80%以上が里山で構成された自然豊かな離島です。
信号機もコンビニもないのどかな島で、豊かな自然と新鮮な魚介類を楽しむことができます。

佐久島のおすすめポイント①

佐久島は1996年からアートによる島おこしを実施しており、「アートの島」とも呼ばれています。
島内一円に様々な作品が展示されており、スタンプラリーやアートイベントに参加しながら芸術を楽しめるのが特徴です。

中でも「おひるねハウス」や「イーストハウス」は写真映えするとSNSユーザーから大人気!
おひるねハウスは人気アニメの映画作品にも登場したことがあり、佐久島へお出かけの際はぜひ立ち寄っていただきたいおすすめポイントです。

佐久島のおすすめポイント②

佐久島(さくしま)はタコやあさりなど季節の魚介を使った美味しい料理が楽しめるのも魅力です。
また佐久島にはカフェが10店舗以上あり、島野菜や西尾の抹茶を使ったおしゃれなメニューを味わえます。

島内のカフェで特に高い人気を集めているのが「サクカフェ aohana」。
aohanaは雑誌やテレビで何度も取り上げられている有名店で、“幻のふわふわかき氷”が食べられるお店です。
味はもちろん、見た目もかわいらしいので、写真映えを意識したい方におすすめのカフェとなっています。

<佐久島の基本情報>

所在地 〒444-0416 愛知県西尾市一色町佐久島
名古屋からのアクセス 電車:名鉄西尾線「西尾」駅より名鉄バスで約30分、一色港から高速船で約20分
車: 岡崎ICから約50分、一色港から高速船で約20分
公式サイト https://sakushima.com/

まとめ

今回ご紹介した3島は、いずれも名古屋から1時間~2時間ほどで行くことができます。
日帰りでも十分に楽しむことができるので、週末は離島にお出かけして、日頃の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。