ワンポイントでガラリと変わる!住まいの簡単イメチェン法とは?

同じ家に長年住むと、最適化され心地よくなりますが、反面、生活に新鮮味がなくなります。かといって、そのためだけに引っ越しをしたり、大幅な建て替えをする、というのも大げさです。

じつは、住まいのイメージは、ほんのちょっとの工夫で、ガラリと変えることができるんです!

長年住んだ家の便利さ、快適さはそのままに、まるで引っ越しをしたかのようなイメージチェンジをする方法について、お教えします。

壁紙の張り替えをする

住まいのイメージを変えたいときに壁紙を張り替えることは、費用負担が最も少ない方法の一つです。

  • 白い壁のうち、1面だけを色のついたクロスに。「アクセントクロス」
    • 暖色系なら明るい気分に
    • 寒色系なら落ち着いた雰囲気に
    • レンガ調などでモダンな雰囲気に
    • 奥行きを出して狭い部屋を広く見せる効果も
  • 天井に蓄光機能を備えたクロスを貼って、星空気分に
  • 洗面所やトイレなど湿気が溜まりやすいところには防カビ防湿効果のあるクロスに

クロスの張替えというと、通常はいまのクロスを剥がして、新しいクロスを貼ります。専門の工具や知識が必要だったり、手先が器用でないとシワシワになってかえってかっこ悪くなったりするイメージがあるかもしれません。

でも、最近では、既存のクロスの上から貼ることができるクロスも売っています。

床の張り替えをする

古い家の場合、敷居に段差がある場合が多いです。小さなお子様やお年寄りの方がいらっしゃる場合に敷居でつまずき、最悪の場合は骨折してしまうこともあります。

一戸建ての床材にはフローリングが一般的ですが、敷居の段差をなくし転倒したときに床材が硬すぎず骨折しにくくするなら、厚手で滑りにくいクッションフロアに張り替えると良いでしょう。フローリングの上に置くだけで、段差を少し解消することができます。カッターなどで切ることができるので、端を合わせることなども意外に簡単です。

室内で犬を飼っている場合も、ヘルニア防止に一役買ってくれます。

床材の色を暗い色から白系の色にすれば室内はとても広く明るく見えるようになります。

玄関のリフォーム

外から来たときに第一印象を持つのが玄関です。

玄関ドアには引き戸と開き戸の2種類ありますが、引き戸は和風の、開き戸は洋風のイメージがあります。

引き戸から開き戸へ、もしくは開き戸から引き戸への交換をすることで家のイメージを大きく変えることができます。また、あまり光が入らない玄関は暗く冬には寒々しい感じがしますが、ドアを光が入るタイプのものに変更すれば気分も明るくなります。換気が悪い場所なら、玄関ドアを閉めたままでも採風可能なものにすれば、湿気も溜まりにくくなります。玄関ドアを交換するなら同時に防犯対策として2ロックのものにしておくとよいでしょう。

玄関が広ければウォークインシューズクロークを設置することで、靴の整理は便利になり、上着を掛けられるスペースを作っておけば外出時も楽になるでしょう。特に春先に花粉症がひどくなる場合は、花粉を室内に持ち込ませない効果も期待できます。予算がそれほど無いようなら、玄関ドアにカッティングシートを張ったり、金具の部分だけ取り替えたりするだけでも自宅のイメージは変えられますので効果的です。

室内ドアの塗り替え、作り替え

トイレや部屋のドアを変えることでもイメージが変わります。

DIYに挑戦したいなら、ペンキを塗ったりダイノックシートを張ったりして、好みのカラーに変えてみるといいでしょう。たとえばキッチンならタイル調のものにする、なども良いかもしれません。

自宅が古くてドアの開け閉めがしにくかったり、重く感じたりした場合は業者に頼んで交換してもらえば楽にドアの開け閉めが出来るようになります。そういった体感的なものも、イメージを変えるにはとても効果があります。

ドアに貼るのはダイノックシートがおすすめです。シートは意外に引張力があるので、貼るときは両面に貼りましょう。片面だけに貼るとドアが反ってきます。ペンキを塗るなら、お子様と一緒に作業したりするのも楽しいかもしれません。

アルミサッシやガラスの交換

採光には欠かせない窓は、光に晒されて劣化が激しい場合もあります。

窓枠がくすんでしまっているなら、窓枠ごと交換すると見違えるように印象が変わります。

最近では結露が起きにくいものや、防犯や防火に強いものなど、さまざまなサッシやガラスが販売されています。交換をすることで省エネにもつながり、光熱費を抑える効果も期待できるでしょう。自宅周辺に分譲住宅が建つようになり、透明の窓ガラスでは周りの目が気になる場合で資金を節約したいなら、目隠しシートを張れば室内は外から見えなくなります。

複数の部屋を1部屋にする

壁が取り壊せるような場合に、狭くて使い道に困っている部屋ともう一つの部屋をくっつけることで、広い部屋ができ開放感が増すことで住まいのイメージを変えることができます。

その際には壁紙や床の張り替えを同時に行うことで、大きくイメージチェンジをすることも可能です。

大掛かりなリフォームを考えているならスケルトンオーダーハウスも選択肢の一つに

小さなリフォームなら100万円以内に抑えることもできますが、壁を壊したり流し台やふろ場などの水回りの位置を変更したりしようとすると、多額の資金が必要になります。もしリフォームに多額の資金が必要なら、スケルトンオーダーハウスを購入することで、ライフイベントにあった間取りに変更することが可能です。

 

住まいのイメージを変えることで、よりよい生活を過ごしましょう

人間は同じような環境に居続けると、飽きてしまうものです。住まいのイメージを変えて新鮮味のある生活を送るために、本記事をぜひご活用ください。