新築祝いや引っ越し祝いのお返しはどうすればいい?

両親や友人、職場の人が戸建てを建てた時や新築のマンションに引っ越した時、お祝いの品を持っていく際にどのようなものを選んで、いくらくらい使えばいいか迷ってしまいます。また新築祝いをもらった側も、お返しをどうすればいいか考えてしまうかもしれません。そこで今回は新築祝いや引っ越し祝いのお返しに対して、どのような商品を選び、どれぐらいの費用をかければいいのか解説していきます。

新築祝いの予算は身内には高めのものを選び、友人や職場の人には気を遣わせない程度のものを選ぶ

両親や義父母が戸建てを建てた時のお祝いには、5万~10万円の品物を用意すると良いでしょう。日頃からお世話になっている気持ちが伝わります。兄弟姉妹、親戚には1万~3万円を。友人や職場の上司、同僚や部下の場合、5千~1万円の予算で十分です。職場の人に対して、あまりにも高価なものをお祝いに渡してしまうと、逆に気を遣わせてしまうので注意してください。

新築祝いや引っ越し祝いには厳禁の品物とは?

お祝いのために渡すものですから、嫌なことをイメージするものは避けておきたいものです。たとえば火事につながるような贈り物を送るのは、良くないとされています。ライターや灰皿、石油ファンヒーターやろうそくなど、火をイメージするような贈り物は避けてください。同じ意味で赤が基調のものはやめておいた方が無難です。

次は履物に関連する贈り物です。スリッパや靴下、靴などは踏みつけるものですから、たとえ高級ブランドであっても控えるようにしてください。踏みつけられるものとしては玄関マットや浴室の足ふきマットもやめておきましょう。特に上司に送るのは厳禁です。

壁に穴をあけたり、くぎを使って留めたりする絵画や壁掛け時計、ウォールラックなどは避けてください。新築で建てたばかりなのに、すぐに穴をあけるようなことは嫌がる人の方が多いはずです。壁にくぎを打っても平気な人はいるかもしれませんが、せっかくの祝いの品ですから、もらったときにどのような反応するか分からないものは避けておくべきです。

新築祝いに贈ると喜ばれるもの

引っ越してきたばかりですから、実用品が好まれます。ブランド物の食器やタオルなどは、あまり邪魔になることはなく、いくつあっても喜ばれるものです。お酒が好きならワインや日本酒など少し高価なものを贈るといいでしょう。

緑が好きな方なら、観葉植物がいいかもしれません。しかし観葉植物の好みが分かれるため、選ぶ際には間取りや好みなどをしっかりと調べてから購入するようにしましょう。なお先ほど新築祝いで避けたほうが良い贈り物の中で、壁掛け時計を挙げましたが置時計なら差し支えがありません。どうしても何を選んでいいか分からない、他の人と同じものかもしれないと心配になるならカタログギフトを贈ってください。そうすれば、受け取り側が好みのものを選んでもらえます。価格設定もさまざまですから、予算に合わせて選ぶとよいでしょう。

新築祝いはいつ贈るのがベスト?

新しい家に引っ越しをした後は、物の整理をする必要があるため落ち着かない生活を送っているはずです。そのため、1か月~2か月後にお祝いの品物を渡せるのがベストです。もし新築のお披露目会があるなら、その時に持っていくとスムーズでしょう。

新築祝いの贈り方

せっかくの祝い事ですから、贈り物を渡すときも作法通りにしておくと、贈られる相手も喜んでくれるはずです。箱入りのものなら蝶結びの熨斗(のし)で包み、表書きは「祝御新築」「御新築祝」などと書くようにしましょう。もし観葉植物を贈るなら、立て札かメッセージカードを添えて渡してください。

引っ越し祝いのお返しにはいくらかけて、どのようなものを選べばいいのか?

目安としては頂いたものの半額程度のお返しで十分です。しかし両親や上司から高額のものを贈ってもらった場合、半額という金額にこだわる必要はありません。選んで喜ばれるものは、ブランド物のタオルやお菓子の詰め合わせセット、飲料(コーヒーや野菜ジュースなど)のセットです。新築祝いと同じように、何を選んでいいか分からない時はカタログギフトを贈れば、好みのものを選んでもらえます。

中古の戸建てやマンションを購入した人や増改築のお祝いはどうすればいい?

新築でない物件を購入した人に渡す際には、贈り物の熨斗に「引っ越し祝い」と書いてください。もし改築や増築をした場合、「改築祝い」や「増築祝い」としておきましょう。予算は新築祝いと同じ程度で構いません。

祝い事の贈り物は受け取る側が喜んでくれる品物を

新築の一戸建てを購入したり建築したりして引っ越すのは、人生に何度もある訳ではありません。新築祝いに避けたほうが良いもの、贈って喜ばれるものを紹介しましたが、最終的には受け取る人が良かったと思ってくれることが一番です。新築祝いや引っ越し祝い、お祝い返しをする際には、本記事をぜひご活用ください。