家を建てる時の儀式。地鎮祭と上棟式を紹介

神主衣装を着た人が住宅の空き地に立っているところや、住宅建設中でまだ壁がない状態のときに、多くの人が集まっているところを見かけたことがあるかもしれません。これは儀式が行われています。そこで今回は家を建てる際、どのような儀式を行えばいいのか段取りも含めて紹介していきます。

地鎮祭はその土地の神様に安全を願うための儀式

更地を購入した後、住居を建てる前にその地の神様を鎮め、建築物を建てる際に安全を祈念するために地鎮祭は行われます。神主を呼んで執り行う神式が一般的です。

地鎮祭の流れ

まずは家を建てる土地の四隅に青竹を立てて、青竹にしめ縄で囲むようにして祭場をつくります。地鎮祭は開会の儀から始まります。お祓いをし、祭壇に神饌(しんせん)を供えます。神主に祝詞(のりと)をあげてもらい、現地を祓い清めた後に、地鎮の儀を執り行います。地鎮の儀では、祭壇の横にある盛り砂にお神酒がかけられ、施工主や設計者が盛り砂に鍬(くわ)を入れます。その後は祭壇に玉串をささげ、神饌を下げます。その後は神様を元の場所にお戻りいただく儀式を執り行います。お神酒で乾杯をし、神饌品のおさがりをいただき、閉会の辞で終了です。

地鎮祭の費用

地鎮祭の費用に関しては、神主に謝礼として2万~3万円支払います。謝礼は地鎮祭を行う地域にある神社に問い合わせをして、金額を確認できます。神式の場合は、謝礼ののし袋には玉串料、または初穂料と表側に書きます。お酒や塩、お米などのお供え物の費用は約1万円です。建築会社側がお供え物の用意や、費用の負担もしてくれることもありますが、事前に建築会社の担当者に確認してください。他には近隣住人に配るための粗品を用意する必要があります。神主のお車代も含めると、すべての費用の合計は5万円前後です。費用に関しては地域差が大きいため、知り合いや建築会社の担当者と相談してください。

地鎮祭の日取りや当日の服装

地鎮祭を行う日は、六曜か十二直(じゅうにちょく)の吉日を選ぶことが一般的です。六曜で選ぶといいものは、大安や先勝、友引です。十二直の場合は建(たつ)、満(みつ)、平(たいら)、定(さだん)、成(なる)、開(ひらく)から選んでください。たとえば十二直で建だったとしても、六曜で仏滅ということもあるため、建築会社の担当者と相談することをおすすめします。

地鎮祭の当日の服装は、男性はスーツなどを、女性は男性の服装に準じたものを選ぶようにしてください。

現代の上棟式は施主と工務店や大工との交流の場

上棟式は基礎工事を終え、家の柱や梁(はり)を木材で組み上げていき、最後に家の一番上の棟木(むなぎ)という横木を取り付けた後に執り行います。かつては神主を呼んで上棟式を行っていましたが、現在では棟梁や現場監督などが式の進めていくことが一般的です。

上棟式の流れ

上棟式の一般的な流れは、棟梁が幣串(へいぐし)を棟木につけるところから始まります。次に祭壇に御幣やお供え物を飾ります。棟梁や施主が建物を清めるために、建物の四隅の柱にお米や塩、酒を撒いていきます。施主のあいさつがあり乾杯をし、棟梁や工事関係者の紹介をします。時には棟梁から、あいさつをしてもらうこともあります。最後に施主から棟梁や工事関係者にご祝儀を渡し、手締めを行い、上棟式は終了です。

上棟式の際に、餅投げ(餅まき)を行うこともあります。餅投げを行うことは年々少なくなってきていますが、家を建てる地域でまだ餅投げをしているならやっておいた方がいいでしょう。餅投げをすることで、ご近所とのつながりがより深くなっていきます。なお餅以外に、お菓子や小銭を投げる場合もあります。餅投げをする際は、ご近所に日時をしっかり伝えるようにしましょう。

上棟式の費用

上棟式でかかる費用は、お酒やお米などのお供え物に約1万円。ご祝儀は棟梁が一番高く1万~3万円、現場監督や設計士は5千~2万円、その他は5千円程度です。お弁当代は仕出しで2千円程度のものでいいですが、人数の確認だけはしっかりしておきましょう。費用の合計は10万円程度ですが、餅投げを行う場合、追加で2万円程度の費用がかかります。

上棟式の日取りや当日の服装

地鎮祭と同様、六曜か十二直の吉日を選ぶようにしてください。上棟式は基礎工事が完了した時点で、すぐに日取りを建築会社の担当者と決めるようにしてください。基礎工事が終わると、上棟まではあっという間にきてしまいます。

服装に関しては男性の場合はジャケットにスラックス、女性は男性に準じた服装でパンツスタイルにしてください。建築現場は足元が悪いこともあるため、スニーカーを履くようにしましょう。

上棟式の注意点

建築会社にハウスメーカーを選んだ場合、上棟式の時にご祝儀を受け取らない方針の会社もあります。事前に確認をしておきましょう。

家を建てるときには多くの人の力が必要

地鎮祭や上棟式といった家を建てるときの儀式は、建築会社の協力はもちろんのこと、近所の人とのつながりを作るために重要なことです。家が完成した後も定期点検を行うことから、建築会社とのつながりは消えることはありません。またご近所付き合いは家が完成してからが始まりです。安心してその土地で暮らしていくために、本記事をぜひご活用ください。