注文住宅で失敗しないためのコンセントの位置と数

注文住宅を設計するときに間取りやシステムキッチンなどの設備には目が行くものの、コンセントの位置や数について深く考える人は少ないはずです。今回は注文住宅を建てる際に気を付けておきたい、コンセントの位置と数について解説していきます。

まずは現状把握!今住んでいるコンセントの使用状況

住み慣れた自宅の場合、延長コードや電源タップでつないで電化製品を使っていたことも忘れているかもしれません。タコ足配線が原因で火災が発生してしまう可能性がありますから、新築で自宅を建てるなら避けたいところです。

特にリビングでテレビが置かれているところには、多くのコンセントが必要です。テレビやDVDプレイヤー、ゲーム機器、ケーブルテレビの機器、インターネットの機器などさまざまな家電が使われるからです。その他にパソコンを使う場所もパソコン用の電源やプリンター、デスクライトやスマートフォンを充電するためのコンセントがたくさんあると作業が捗ります。

キッチン周辺は家電が充実してきて、コンセントが少ないと不便なはずです。炊飯器や電子レンジ、電気ケトル、ジューサーミキサーや電動泡立て器など、家電を使う機会がとても多いからです。

あとは扇風機やホットカーペット、こたつやファンヒーターなどの季節によって出し入れする家電をどこで使っているか調べておきましょう。

あると便利なコンセントの場所

最近では、コードレス掃除機を使っている家庭が増えています。充電するためのスペースはなるべく人目のつかない所にあると、見た目がすっきりして部屋の中がきれいになります。そのため、クローゼット内にコンセントがあると便利です。またクローゼット内にWi-Fi機器を設置するためのコンセントを用意しておくことで、コード類を視界に入らないようにする家庭もあります。

ウォークインクローゼットやウォークインシューズクロークが玄関近くにあるなら、空気清浄機や除湿器、電気ヒーターなどを使えるようにしておくといいでしょう。

洗面所や脱衣所には、冷暖房用のコンセントが必要です。夏には扇風機や簡易式のクーラーが使えると、湯上りに汗をかくことがなくなります。冬には電気ヒーターがあると、寒暖差による心筋梗塞などの病気から身を守ることができます。同様の理由で、トイレにもコンセントを付けておくようにしましょう。

屋外で電源を確保するために、コンセントが必要なこともあります。たとえば高圧洗浄機を使うことや、センサーライトや防犯カメラを設置する、クリスマスシーズンにイルミネーションを飾る場合です。電気自動車を所有しているなら、駐車場に200Vの電気自動車充電用の専用コンセントを設置しましょう。なお盗電防止用保護カバーを付けておけば安心して生活が送れます。

ダイニングテーブルを置く場所に、床用のコンセントがあるとホットプレートや電気鍋を使う時に便利です。テレビを見ながらアイロンがけをするときも、ダイニングテーブルに卓上型アイロン台を置いてやることも可能です。

コンセントの高さや位置には注意!下手をすると命にかかわることも

家電を置いたときにコードやコンセントが見えないと、部屋がすっきりして気分もいいですし、コードに足を引っかけることもなくなり安全面でも重要です。たとえばリビングにテレビやDVDを設置するときにテレビボードを使う場合、テレビの裏側にコンセントやコードがくるようにすればいい訳です。

キッチン周りだと冷蔵庫を置く場所のコンセントは、冷蔵庫よりも高い場所にコンセントがあると、脚立を使えばコンセントの抜き差しができるようになります。冷蔵庫の裏にコンセントを設置してしまうと、いざという時にコンセントが抜けなくて大変な思いをしてしまいます。

洗濯機を置く場所は、感電の危険性を防ぐために水道のある位置にコンセントがあり、アースが取れるようにしておく必要があります。仮に洗濯機の陰に隠れるような場所にコンセントがあったら、コンセントを抜くときに水で濡れていると感電する恐れがあります。

もしコード式の掃除機を使っているなら、各部屋の出入り口付近や廊下にコンセントがあれば、コンセントを付けなおすことなく掃除ができて便利です。

ハイパワー家電を置くなら初めから200V用のコンセントを設置しておきましょう

最近では200Vでないと動かせない家電が増えてきています。IHクッキングヒーターや電子レンジ、食器洗い乾燥機、給湯器、浴室乾燥機、エアコンなどがあります。特にリビングを広くしたい場合、200Vのエアコンを取り付けできるように、コンセントも200V用のコンセントを設置しておいてください。リビングの大きさが16畳以上の場合、200Vエアコンでないと夏ならすぐに部屋が涼しくならないですし、冬なら部屋が暖かくなるのに時間がかかります。後から工事をする場合、電圧切り替えやコンセントの交換が必要になり、工事費がかさんでしまいます。なおエアコンを200Vにしたとしても、電気料金が高くなることはありません。その理由は、200Vエアコンのほうがパワフルなため、効率よく短時間で部屋を冷暖房できるからです。

注文住宅で自宅を建てるときはコンセントの配置にも気を配りましょう

コンセントが必要なところにないと、生活をしているときにストレスを感じてしまいます。設計士としっかり相談しながら、本記事も有効に活用してください。