【ベッドタウン特集①】名古屋駅-堀田駅間が約20分で行ける新開町エリアの住みやすさ

新開町は名古屋駅から南東の方に7キロほど離れた地域です。
名鉄名古屋駅から4駅ほど離れたところにある堀田駅と名古屋市営地下鉄の堀田駅を中心に栄えています。
今回は、新開町エリアの住みやすさについてご紹介します。

【名古屋のベッドタウン新開町エリア①】堀田駅がある新開町エリアの特徴


名古屋市は名古屋駅がある中村区やその隣の中区に大都市としての機能が集まっています。
中村区や中区から少し離れた地域はベッドタウンとして発展しているところが多く、新開町もそのうちの1つです。

また、堀田駅がある瑞穂区の平均所得は386万円で、名古屋市の平均が393万円なのでほぼ平均値と言えます。
住みやすく、それほど敷居も高くないのが瑞穂区や堀田駅周辺地域の特徴です。
堀田駅前にはカインズ名古屋堀田店やパレマルシェ堀田店などがあるため、食料品や日用品の買い物をするのに便利な地域です。

飲食店や遊戯施設なども少しありますが、そう多くなく落ち着いて過ごすことが可能です。
三菱UFJ銀行や愛知銀行の堀田支点もすぐ近くにあるため、利便性に申し分ありません。
新開町は全体的に住宅街が多い地域で、堀田駅近郊には大きなマンションが多数見られます。
駅から少し離れると一戸建て住宅も目立ち、真新しい住宅から古い住宅まで混在しているため、長い間新開町に住んでいる人も多いことがうかがえるでしょう。

名古屋市営地下鉄「堀田駅」のすぐ近くに小学校があり、公園や緑地などもいくつかあるので子育てするにも適した環境です。
ほかにも工場が比較的多いのが特徴で、ブラザー工業の寮やブラザー記念病院、ブラザーミュージアムなど、ブラザー工業の関連施設も多く集まっています。

【名古屋のベッドタウン新開町エリア②】堀田駅から主要駅へのアクセス


堀田駅から名古屋市内の大きな駅へのアクセスについて見ていきましょう。
名古屋駅までは名鉄名古屋本線で行き来することができて、所要時間は約10分と早いです。

名古屋市営名城線の駅からは栄駅に、15分弱で行くことができます。
駅周辺の企業に通勤する場合には、自宅から堀田駅までと名古屋駅から勤務先までそれぞれ5分かかるとすると、ドアtoドアで片道20分の時間で通勤可能です。
栄駅周辺の企業に通勤する場合でも片道30分くらいで通勤できるため、勤務先が駅から近ければ、もっと短くなります。

名古屋駅や栄駅近辺の繁華街に遊びに行きたいときなどにも、比較的短時間で行けて便利でしょう。
名鉄名古屋本線の方だと堀田駅の1つ隣に神宮前駅と呼続駅があり、名古屋市営地下鉄の方だと、伝馬町駅と妙音通駅があります。
神宮前駅と伝馬町駅はいずれも熱田神宮のすぐ近くにあり、それぞれのもう1駅先にある熱田駅や神宮西駅とともに熱田神宮を囲むような位置関係です。

妙音通駅はちょうど名鉄名古屋本線と名古屋市営地下鉄が交差するところにあり、呼続駅も200メートルくらいしか離れていません。
いずれの駅も駅周辺は住宅街が多いですが、呼続駅の近くにはイオンモール新瑞橋があります。

【名古屋のベッドタウン新開町エリア③】新開町エリアの地価と名古屋市の相場比較

名古屋市の平均地価は1平方メートルあたり175,000円で、同じ名古屋市内でも地域により差があります。
オフィス街や繁華街が多く都市機能が集まっている中区や中村区は飛び抜けて高いです。
その2つの区を除いても東区が約40万円、千種区が約34万円と高めで、港区や守山区は約11万円から12万円でばらつきがあります。

瑞穂区は約25万円で、名古屋市全体と比べてやや高めな位置づけです。
新瑞橋駅から瑞穂区役所にかけての地域では、瑞穂区の中でも地価が高めの傾向になっています。

一方で堀田駅周辺や新開町に限って見ると、約19万円から21万円であるため、名古屋市全体の平均と比べても大きく変わりません。
中区や中村区への通勤が便利だという点や静かで住みよい環境を考慮すると、割安で魅力的と言えるでしょう。
新開町から近い新瑞橋や妙音通なども、新開町と同じくらいの地価水準です。

堀田駅の周辺や新開町にはマンションが増えてきているため、この近辺の地域に魅力を感じて住もうと考える人が多いことがうかがえます。
また、名古屋市の地価はバブル期をピークに減少傾向にありましたが、最近では少しずつ地価が上がってきています。
名古屋市内では全体的にマンションやホテルなどが次々と建設されており、その影響で新開町周辺地域の利便性も、これまで以上に向上する可能性が高いです。

【名古屋のベッドタウン新開町エリア④】駅周辺の利便性


新開町に住んで生活する場合の利便性について具体的にご紹介します。

生活用品

堀田駅のすぐ北側にパレマルシェ堀田店があります。
食料品の買い物はほとんどここで間に合うほか、店内には100円ショップのダイソーもテナントに入っているため、日用品などの買い物をするときにも便利です。
もう少し北の方に行くと、カインズホームというホームセンターがあります。

スーパーや100円ショップでは売っていない日用品や家具を購入したいときに便利です。
新堀川を挟んで西の方にある、アオキスーパー熱田店やDCMカーマ21熱田店に行くのもいいかもしれません。
また、高速道路の東側にはフィール堀田店という小さなスーパーもあります。

家具・家電

カインズホームやDCMカーマ21で家具や家電製品もだいたい購入できますが、一駅隣の呼続まで行けばイオンモールがあります。
大きな家電量販店は近くにありませんが、食料品や日用品と違ってそう頻繁に行くわけではないため困ることは少ないです。

医療機関

カインズホームの少し北の方に総合病院の「西本病院」があります。
外科や内科、腎臓内科、整形外科などがあり、体調を崩したときや怪我をしたときなどでも安心です。

名鉄名古屋本線の堀田駅と地下鉄名城線の堀田駅のちょうど間くらいの場所には、ブラザー記念病院もあります。
歯科医院は手近なところだと、堀田駅のすぐ南側にあるすぎやま歯科です。
またブラザー記念病院にも歯科があります。

飲食店

堀田駅の構内や構外には様々な飲食店があります。
居酒屋は名古屋高速の東側に多く集まっており、ランチやお酒を飲みに行くのにも選択肢が豊富です。
定食店やインド料理店、うなぎ店などもあるため、ぜひ足を運んでみましょう。
ファーストフードのチェーン店もいくつかあるため、軽くお腹を膨らましたいときに便利で、地下鉄名城線の方の堀田駅の周辺には居酒屋が多いです。

【名古屋のベッドタウン新開町エリア⑤】駅周辺地域の開発状況


名鉄グループが行っているマンション開発として、堀田駅前でも2017年にマンションが竣工しました。
一駅隣の神宮前駅も名鉄グループによる開発の対象になっており、堀田駅前と同じように分譲マンションや賃貸マンションを中心に開発が行われます。

神宮前駅は地域と連携した拠点駅の整備促進の対象にもなっています。
この駅は地理的にかなり近いため、堀田駅周辺や新開町で家を建てようとしている人にとって重要度が高いです。
また、名古屋市では新開町の用途地域の見直しを検討しているため、現在よりも住環境がさらに良くなる可能性があります。

まとめ

堀田駅周辺の地域は生活環境が良く、名古屋の中心部へのアクセスも良好な地域です。
地価もそれほど高いわけではないため、名古屋市内で家を建てようと考えている人は、ぜひ堀田駅周辺を検討してみてください。