聖火リレー・愛知県内ルート 4月5日 名古屋・一宮・犬山・稲沢・春日井・瀬戸市・清須

東京2020オリンピックに向けて、全国で聖火リレーがスタートしました。
この記事では、愛知県の1日目の聖火リレーを担当するランナーと、リレーの走るルートをまとめています。
セレモニーの参加には事前予約が必要となる場所もあるので、予定している方は場所や日程をチェックしておきましょう。
(この記事の情報は2021年3月26日時点のものです。)

愛知県1日目の聖火リレールート・ランナー一覧

愛知県の聖火リレー1日目となる、2021年4月5日のルート・ランナーの一覧は以下の通りです。

市町村名聖火ランナー出発時間/場所到着時間/場所セレモニー実施
瀬戸市加藤 唐三郎・山田 外美代10:10/深川神社10:35/瀬戸市役所前河川敷9:40/深川神社※観覧不可
名古屋市①名鶴 ひとみ・武藤 空哉・和田 真人10:50/熱田神宮・正門10:59/熱田神宮本宮前
春日井市野村 美結・安田 凌12:05/レディヤンかすがい12:29/勝川駅前公園11:43/レディヤンかすがい※観覧要事前予約
名古屋市②13:00/銀河の広場南側階段13:00/銀河の広場 南側階段
一宮市赤川 三好・石田 莉子・ジェイムス・ヘイブンス・三浦 伊織14:46/稲荷公園前15:17/九品地公園競技場前14:10/宮前三八市広場※観覧要事前予約
犬山市青山 繁・織田 英嗣・水上 卓哉・森田 泰人15:30/本町交差点15:49/犬山城15:10/犬山城前広場※観覧要事前予約
名古屋市③16:00/百貨店前16:10/百貨店前
稲沢市石川 せり・板谷 勝彦16:41/国府宮神社楼門前17:06/稲沢市民会館16:17/国府宮神社楼門前※観覧不可
名古屋市④17:50/駅前ビルオフィス棟18:00/駅前ビル商業棟
清須市牧 心春18:11/清洲城広場18:34/カルチバ新川前17:47/清洲城広場※観覧不可
名古屋市⑤天野 浩・久世 義晃・楢﨑 正剛・廣瀬 誠19:39/矢場町交差点20:19/名古屋城・二の丸広場19:00/名古屋城・二の丸広場※観覧要事前予約

楽しみ方が広がる!聖火リレールートのスポット情報

続いて、聖火リレーの出発地点・到着地点となるスポットの一部をピックアップしてご紹介します。

瀬戸市:深川神社

瀬戸市といえば、千年以上の歴史を持つ焼き物の“せともの”が有名な街です。]
深川神社はそんな“せともの”を名古屋へと運ぶ街道沿いにある神社で、加藤四郎左衛門景正(通称:藤四郎)が祀られています。
瀬戸の総鎮守・産土神(うぶすながみ)としてもあつく信仰されており、瀬戸市の有形文化財に指定された本殿も見どころです。

名古屋市:熱田神宮

熱田神宮は名古屋市を代表するパワースポットの1つで、伊勢神宮に次いで格式の高い神社として、古来より崇拝されてきました。
三種の神器の一つである草薙神剣が祀られていることでも有名です。
熱田神宮の参拝方法や周辺情報については、以下の記事で詳しく紹介しています。

犬山市:犬山城

犬山城の天守は現存する日本最古の様式で、国宝にも指定される歴史的な建造物です。
周辺の城下町は観光スポットとしても人気が高く、年間を通して多くの人が訪れる地域となっています。
犬山市の観光情報については、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

清須市:清須城

清須市は鎌倉街道と伊勢街道が合流する“交通の要衝”として発展した街です。
また清須城は織田信長の天下布武の出発地点としても知られており、“清須会議”が行われたのもこの地です。
聖火リレーの日はちょうど桜が見頃を迎えるタイミングでもあるため、お花見と合わせて沿道観覧を行うのも良いかもしれません。

名古屋市:名古屋城

中区にある名古屋城は、名古屋市のシンボルとして多くの人から親しまれているお城です。
門前を彩る“金シャチ横丁”で様々な名古屋グルメを楽しめる他、聖火リレーが到着する際には天守閣のライトアップも予定されています。
名古屋城で行われるセレモニーの観覧は事前予約が必要なため、参加をお考えの方は早めにコチラ(https://run-aichi.jp/bosyu.html)から応募方法などをチェックしておきましょう。

まとめ

オリンピック聖火リレーの愛知県編(1日目)では、熱田神宮や犬山城、名古屋城などの歴史的なスポットを走るルートが予定されています。
観覧に行かれる際は、マスク着用や“三密”回避などの感染対策を意識しつつ、会場のルールを守って安全にお楽しみくださいね。