令和4年 地下鉄鶴舞線の路線価上昇率ランキング

令和4年の路線価が発表されました。
この記事では、地下鉄鶴舞線の各駅沿線における路線価を昨年からの上昇率で比較し、ランキング化したものをまとめています。
上位にランクインした駅周辺の情報も掲載しているので、合わせて参考にしてみてください。

そもそも路線価とは

路線価とは、道路に面する標準的な宅地の1平方メートル当たりの価格ことです。
毎年7月1日に国税庁から発表され、相続税や固定資産税、都市計画税の税額を計算するときの標準的な金額として活用されます。

なお、路線価はあくまで税金をかけるときの基準となる金額であり、「この金額で取引しなさい」というものではありません。実際の取引金額は、この路線価を倍以上上回ることや、逆に下回ることもあります。

路線価は、一般的に「栄えている」と見られる都市の中心部に設定されており、日本中全ての道路に設定されているわけではありません。
路線価の設定されていない地域では、土地の利用用途ごとに定められた固定資産税の標準額に対する倍率を用いて評価額を決定します。このように、評価倍率によって土地の価格を計算する地域については「倍率地域」と呼ばれることもあります。

公示地価・基準地価との違いは?

公示地価と基準地価も土地の価格を表す言葉ですが、それぞれ以下のような違いがあります。

 路線価公示地価基準地価
調査機関国税庁国(国土交通省土地鑑定委員会)都道府県
調査地点道路に面する1㎡あたりの価格「標準地」1㎡あたりの価格「基準値」1㎡あたりの価格
用途税金算出の基準となる土地の価格都市の土地価格の目安都市以外を含む土地価格の目安

公示地価と基準地価が標準地(基準値)として選定された土地の価格であるのに対し、路線価は面する道路ごとに設定された土地の価格を表すというのが大きな違いです。
路線価と公示地価は連動しており、一般的に公示地価の8割程度が路線価として設定されています。

地下鉄鶴舞線の路線価上昇率ランキング

地下鉄鶴舞線沿線における、2022年度の路線価一覧および2021年度からの上昇率ランキングは以下の通りです。

駅順駅名路線価上昇率順位
T01上小田井(かみおたい)115,0004.55%2
T02庄内緑地公園(しょうないりょくちこうえん)130,0004.00%5
T03庄内通(しょうないどおり)185,0002.78%9
T04浄心(じょうしん)245,0002.08%15
T05浅間町(せんげんちょう)300,0003.45%6
T06丸の内(まるのうち)1,160,0004.50%3
T07伏見(ふしみ)2,920,0007.35%1
T08大須観音(おおすかんのん)620,0003.33%7
T09上前津(かみまえづ)1,000,0003.09%8
T10鶴舞(つるまい)510,0000.00%18
T11荒畑(あらはた)255,0002.00%16
T12御器所(ごきそ)400,0002.56%10
T13川名(かわな)260,0001.96%17
T14いりなか320,0000.00%18
T15八事(やごと)330,0000.00%18
T16塩釜口(しおがまぐち)205,0002.50%11
T17植田(うえだ)210,0002.44%12
T18原(はら)210,0002.44%12
T19平針(ひらばり)215,0002.38%14
T20赤池(あかいけ)125,0004.17%4

※駅前の主要と思われる路線に関する調査のため、極めて細い路地や道路などは省略しています。

上昇率1位:伏見(ふしみ)駅

伏見駅の周辺にはオフィスビルと飲食店が立ち並び、ビジネス街として栄えている地域です。
また科学館や美術館が併設された大きな公園もあり、平日だけでなく休日も賑わいを見せています。
この他、名古屋市内で2番目に古い地下街「長者町横丁」等、昭和の雰囲気も残る人気のエリアとなっています。

上昇率2位:上小田井(かみおたい)駅

上小田井駅の周辺は住宅街が広がっている他、工場等も立地する地域です。
大型商業施設「mozoワンダーシティ」も上小田井エリアにあり、休日のお出かけスポットとしておすすめです。
また「庄内緑地」や「五町公園」等の自然スポットも多く、生活利便性の高い地域となっています。

上昇率2位:丸の内(まるのうち)駅

丸の内駅周辺はオフィスビルが立ち並ぶビジネス街として栄えています。
伏見駅に近いエリアほど経済活動が盛んであり、平日の日中は多くの人が行き交う賑やかな地域です。
大型の商業施設等はないものの、飲食店やコンビニが数多く立地しているため、利便性は高いと言えるでしょう。

上昇率4位:赤池(あかいけ)駅

赤池駅は愛知県日進市に立地しており、名古屋市営地下鉄の駅で唯一、名古屋市外にある駅となっています。
2017年にオープンした大型商業施設「プライムツリー赤池」を中心に住宅地の整備が進められており、今後も発展してくことが予想される地域です。

上昇率5位:庄内緑地公園(しょうないりょくちこうえん)駅

庄内緑地公園駅の周辺は住宅地を中心にオフィス等も多く立地しています。
スーパーマーケットや公園も充実しているため、生活利便性の高い地域と言えるでしょう。

まとめ

地下鉄鶴舞線沿線においては、伏見駅や丸の内駅のようなビジネス街の地域で路線価が高くなっています。
また大型の商業施設が立地する上小田井駅や赤池駅も昨年度から4%以上路線価が上昇しており、今後も住宅地の整備等で路線価が上昇することが予想されます。

岡崎市稲熊町
3,180万円
長久手古戦場
3,130万円
中村区岩塚
2,880万円
東海市荒尾町北遠鐘
3,180万円