【快適テレワーク!】家庭内オフィスの作り方

新型コロナウイルス感染症の拡大が叫ばれてからテレワークが定着してきています。これまでは会社まで通勤して仕事をしていた方も、家で仕事をすることが増えたのではないでしょうか。今後テレワークで仕事をすることがスタンダードになるかもしれません。その流れの中では家に快適で集中して仕事に取り組める空間をつくることがとても大事になってきます。ここでは快適な家庭内オフィスの作り方をご紹介いたします。

オフィススペースの確保

快適な家庭内オフィスのためには仕事に集中できる環境つくりが欠かせません。そのためにはまず家の中に仕事のための場所を確保する必要があります。1人暮らしの方は仕事のための場所の確保すること、共働きの方はお互いの出社の頻度を考えて、2人で一緒にテレワークをする日が多いのか、別々の日にテレワークするのかを決めてから1人分、または2人分のオフィススペースを確保します。家族が家にいる状態でテレワークする必要がある場合は家族の生活音や活動で気が散ったりすることがないように独立した部屋を確保しましょう。

机・椅子

オフィスに必要なのは疲れない快適な机と椅子です。テレワークになる前は机と椅子といえばキッチンの食卓とリビングのソファーしかなかった、という方もいるのではないでしょうか。1日2日だけのテレワークなのであれば耐えられるかもしれませんが、長時間座り続けることを前提にすると、椅子は高さが身体に合い、机は広さが十分で高さが合うものを用意し、まさに会社の机と椅子のような環境にしないと座っているだけで疲れてしまうことになり仕事の効率も落ちてしまいます。値段は高価かもしれませんが、エルゴノミクス(人間工学)を考慮した、疲れない、集中できる机と椅子をそろえることが長期的には良い選択と言えるでしょう。

ネット環境

次はネット環境です。テレワークになると、会社のネットワークに接続する必要がある、お客さんとのWeb会議がある、などインターネットを使用することが格段に多くなります。会社のネットワークにつなげても速度が遅くて資料が開かない、とか、社内やお客様などの外部とのWeb会議をするときに通信状態が悪く会話が途切れる、回線が切れてしまって復帰に時間がかかってしまう、というようなことがあると仕事が進まない上、相手にも迷惑をかけてしまうためとてもストレスに感じてしまいます。ヘビーなデータ通信でも回線速度が遅くならないようなWeb環境を整えておくことが必要です。

照明・空調

照明や空調も快適な空間のためには重要です。自然光が入り、明るく、窓があって換気ができること、暑い日、寒い日にはエアコンで温度が調節できる必要があります。また、冬になると特に空気が乾燥しますし、ハウスダストやホコリも気になるかもしれません。そのような場合は加湿器、空気清浄機を設置するのがよいでしょう。照明についてはムーディな暖色の照明よりも白色灯が適しています。照明と同じように壁や天井の色や模様も赤や縞模様と言った派手なものや、アイドルのポスターがたくさん貼ってある、というような空間よりはシンプルに白やベージュの壁紙のほうが仕事向きの空間といえるでしょう。

ツール

快適さはツールによっても変わります。さくさく動くパソコンやノートパソコンの小さなモニターにプラスして一回り大きなモニターを置くことで作業効率が高まります。また、Web会議のときに使うイヤホンとマイクも耳に合った質のよいものを選びましょう。外からの騒音や家族の生活音が気になるような場合はノイズキャンセリング機能が付いたイヤホンがおすすめです。つけるだけで耳栓と同じように静かな空間を手に入れることができますし、Web会議も聞き取りやすくなります。

1人になれる部屋がない方

独立した部屋なんて確保できない!という方がいらっしゃったら、部屋をリノベーションして壁や間仕切りを入れるなどして、つながった空間を区切ってオフィススペースにしてしまうことも選択肢です。リノベするための空間もない、という方は部屋ではありませんが机と椅子が入る大きさの四角いテントを置いてこもる、という手があります。市販されており、周りと遮蔽された空間をつくることができます。

会社にないものは置かないようにする

オフィススペースの横にベッドやテレビ、ソファー、漫画の本棚などがあったらどうでしょう?ついつい見てしまう、横になってしまう、緊張感が保てない、ということにならないでしょうか。テレワークでの集中力を下げてしまうようなものをオフィススペースの近くに置くことはやめましょう。

まとめ

いかがでしょうか。テレワークが日常になると、より快適に、健康に、集中して仕事ができるスペースを作っておくことが生活の質を上げることになりますね。一時的には出費することにはなるかもしれませんが長期的には必ずプラスになることですからご自分のテレワーク環境を見直してみてください!