ベットタウンとして急成長したみよし市の特徴

みよし市の住みやすさ

みよし市は愛知県の西三河地方にあり、愛知県では中央西寄りの内陸部に位置しています。
西の方には名古屋市があり、三好池では毎年桜の季節にお花見を楽しむこともできます。

人口は約6万人、土地面積は32.19平方キロメートルと規模が小さく、そのコンパクトさを生かして様々な交流事業が行われています。
歴史経済的には、かつて窯業が非常に振興していましたが、昭和初期頃までは農業が、続いて企業誘致を推進したことにより工業も発展して、トヨタ自動車の工場なども立地しました。

現在では豊田市や名古屋市に近いこともありベッドタウンとして住宅地開発も進んでいます。

みよし市には名古屋鉄道の豊田線が通っており、他にも豊田市に続く名鉄バスが通っています。
また東名高速道路や国道153号なども通っており、交通の便がいい地域です。

みよし市の学区

みよし市には4つの中学校通学区があり、それぞれの通学区が2〜3つの小学校を統合して編成されています。
まずは中部小学校・三吉小学校・天王小学校を統合する「三好中学校学区」、次に北部小学校・緑丘小学校を統合する「北中学校学区」、南部小学校・天王小学校・中部小学校を統合する「南中学校学区」、最後に三好丘小学校・黒笹小学校を統合する「三好丘中学校学区」です。

みよし市の教育目標には、子どもたちが世界に開かれ活力に溢れた日本を担う存在になること、また健康的で文化と国際交流を活発化するみよし市を担う存在になることを掲げています。
そのためには学ぶ楽しさを教えて、文化面やスポーツ面などあらゆる面で小中学校の段階から支援をしていくことが大切だということがレポートなどで報告されています。
このように初等教育の時から楽しく学んでもらうことで、将来にもつながる教育を目指しているのです。

みよし市の保育園

みよし市には10の保育園施設があります。保育園の保育時間は1日に8時間が原則とされており、原則的に送りは午前8〜9時までの間、迎えは午後4時までに行うことになっています。

しかし開園時間は保育所によって異なり、保護者の就労状況などに合わせて保育時間も調整するようになっています。開園時間は平日でだいたい7時30分に始まって、終わりが17時〜19時、土曜日だと7時30分〜13時、もしくは7時30分〜17時となっています。

延長保育を18時以降も行なっているところは8箇所あり、休日保育を受け入れているところは1箇所です。
1箇所を除くすべての保育園施設で3歳未満の保育受け入れを行なっています。

関連記事