【注文住宅】失敗例に学ぶ トイレの数・場所

「使いたいときが重なってしまう」こう感じることが多いトイレ。においのことも気になり、家のどこに配置するかはとても重要です。今回は注文住宅で自宅を建てる際、トイレをどこに置くかについて解説していきます。

トイレはにおいや音を配慮した配置にしましょう

ダイニングやリビングのそばにあるトイレをイメージしたとき、どのように感じるでしょうか?リビングにいる時間が長ければトイレが近くにあることは便利かもしれませんが、食事をしている最中にトイレを使うかもしれないことを考えると避けたいところです。

また夜中にトイレを使うこともあり得ます。寝室や子供部屋のとなりにトイレがあると、トイレを流す音で起きてしまう可能性もあることから避けるべき場所です。玄関の近くにトイレを設置した場合、宅配便や急なお客さんが来たときに対応しづらく感じてしまうため、避けたほうがいい場所になるでしょう。

ではどのような場所にトイレがあればいいかというと、階段の周辺、もしくは階段下のデッドスペースに設置すると来客など気を使うことはなくなります。もし階段の周辺や階段下にトイレが設置できないなら、廊下をはさむような形にしてリビングの近くにするか、寝室の近くにすることをおすすめします。特に高齢者がいる場合、寝室近くのトイレは移動に時間がかからないため、生活をしていて不便に感じません。

トイレの数はいくつ必要?

注文住宅を建てる場合、夫婦に子供がいることがほとんどだと思いますので、最低でもトイレが2つ必要です。1階と2階に1つずつ設置しておけば、1階のリビングやキッチンにいるとき、2階の寝室や子供部屋にいるときに移動が楽になります。祖父母や親、子供のいる世帯も同様に最低でもトイレは2つ必要です。もし夫婦2人だけで住むのであればトイレは1つだけで十分ですが、トイレに長居をしないようにするなどのルールは作っておいた方がいいでしょう。しかし夫婦2人暮らしで十分な敷地面積がある場合、将来的にシェアハウスとして使えるようにするために、トイレを2つ設置しておいた方が土地の有効活用ができます。

トイレを2つ設置したときの予算の抑え方

限りある予算の中で注文住宅を建てることになるでしょうから、上手に予算配分することが必要です。予算を抑えたい場合、友人や来客のときに使うことが多い1階のトイレにはタンクレストイレと手洗い器を別に設置し、ほとんどをプライベートで使う2階のトイレにはタンク付きのトイレを設置しておくことをおすすめします。なおトイレに手洗い場を設置した場合、水が飛び散ることが予想されるため、トイレを0.75坪程度と広くして手洗い器の奥行が約35cmのものを設置できるといいでしょう。

トイレに窓をつけるメリットとデメリット

トイレを使った後に換気扇を付けつつ、窓を少しでも開けておけば臭いがこもる心配はありません。窓付きのトイレなら日中は電気を使う必要がないため電気の節約ができますし、日光が入ることからトイレに入っても開放感が感じられます。

しかしトイレに窓を付ける場合、通りに面しているとトイレを使っていることが分かることもあるため、設置場所に注意が必要です。また窓を設置することは、壁際にトイレを設置するということですから、トイレの設置場所が限定されることがデメリットです。

トイレに窓を付けないときのメリットは、トイレを好きな位置に設置できることです。また家の中にトイレを設置するということは外気と直接接することがなくなるため、冬の寒い時期にヒートショックを起こすリスクが減らせます。しかし部屋の中にトイレを設置してしまうため、外から光を取り込むことができず、トイレを使うときには常に照明をつけなければなりません。その場合は人感センサーで点灯するタイプの照明を採用しておくと便利です。

トイレをきれいにするための工夫

どれだけ気を使ったとしても、トイレは汚れてしまいます。汚れに強く、耐水性のあるクッションフロアやフロアタイルを床材に使うようにしましょう。そうしておくと、例えばノロウイルスに感染して消毒用エタノールで掃除をしたときにも床材を痛めることはありません。便器の裏側に使い捨てのシートが取り付けられるフローリングモップが届くような広さがあると、掃除をするときも楽にできます。

また壁紙もさまざまな機能を備えたものがあります。消臭機能・マイナスイオン発生機能や汚れ防止機能、防カビ機能・吸放湿機能がありますので、設計士と相談の上、クロスを決めるといいでしょう。

高齢になったときのための安全なトイレのドア

祖父母が一緒に住む、もしくはあなたが高齢になったときのことも考慮してトイレのドアを選ぶなら、引き戸にするか外開きの扉にしてください。その理由は、仮に内開きのドアを採用した場合、トイレ内で倒れてしまったら開けられなくなってしまうからです。

使いやすいトイレでストレスのない生活を

トイレの設置場所によって、生活が大きく変わります。注文住宅を建てるときにトイレのことで疑問に思ったときには、本記事をぜひご活用ください。