美しく人と花が輝くまち 豊明市の特徴

豊明市の住みやすさ

豊明市(とよあけし)は愛知県尾張地方にある市で、桶狭間の戦いの舞台として知られています。名古屋市と隣り合っており、名古屋方面や三河方面へのアクセスが良く、交通の便が大変よい市です。国道1号線や23号線が通っており、どの施設にも基本的に駐車場が完備されているため、車移動という意味でも非常に便利なまちと言えるでしょう。

1996年に開場した愛知豊明花き地方卸売市場は、アジアでも最大級の鉢物取引量を有しています。季節に応じて、多彩な花をお届けするためにインターネットを介した「イロドリ*ミドリ」のサービスもスタート。オリジナルブランドでも魅力的な商品を取り揃えており、日本最大級の花き市場として、また花きマーケット中枢を担うパイオニアとして活動を展開しています。

豊明市の学区

豊明市には1校のインターナショナルスクール、9校の公立小学校、3校の公立中学校、1校の私立中学校、1校の県立高校、1校の私立高校、1校の専門学校、1校の短期大学、2校の私立大学があります。

豊明市では日ごろから子育て世帯が悩んだり、迷ったりした時に相談しやすいよう地域でさまざまな取り組みを行っています。その一環として「さわやかDAY」を実施し、「さわやか ひと声運動 つなごう絆 かけようひと声」を合言葉に、通学路や交差点、ご近所の方たちに「おはよう」「おかえり」と子どもたちに声を掛ける活動を実施。子どもたちは地域の方たちから見守っていただいているのを実感しながら、日々暮らしています。

豊明市の保育園

豊明市には、11の公立保育園があります。「安産祈願といえば、ここ」と言われている、安産祈願で有名な一之御前安産水も、豊明市にあります。たくさんの妊婦さんが安産を祈願しに、清水を求めに訪れる豊明市ですから、出産後も「子どもを産んでよかった」「子育てが楽しい」と感じてもらえるよう、乳幼児を抱えている子育て世代のサポートを、さまざまな活動を通して行っています。

子育て支援センターでは、子育てを通して保護者自身も成長していくことを理解し、そしてともに育つ仲間と出会えるようイベントを実施。たくさんのママたちが心の支えとして活用しています。 また、育児を応援するサービスガイドとして、インターネットサービス「ママフレ」を展開。新米ママやパパたちが、行政窓口に相談に行くのは敷居が高いと感じた時に活用できるよう作成されました。子育てについて悩んだ時、市民にとって解決の糸口となりうる分かりやすい構成のページとなっています。

関連記事