分譲住宅と注文住宅のいいとこ取り!?NEWスケルトンオーダーハウスとは

戸建てを購入する際、注文住宅だと価格が高く、分譲住宅だと間取りが決められているなどのイメージがあり、どちらにしようか決め切れないかもしれません。今回は分譲住宅と注文住宅のメリットやデメリットを挙げつつ、NEWスケルトンオーダーハウスの紹介をしていきます。

分譲住宅のメリットとデメリット

新聞のチラシや不動産仲介サイトに載っている新築一戸建てのほとんどが分譲住宅です。分譲住宅の一番のメリットは、注文住宅に比べ価格が安いことです。購入時の契約で物件価格が明示されるため、契約後に価格が変動するようなこともなく、融資の際も物件価格に対して銀行に借入の申請をするため手続きに時間がかかりません。売れ残った場合、決算期間近だと値引き交渉ができることもあります。間取りもその敷地にあった設計をしているため、不便を感じることは少ないはずです。土地を探し、建物ができるまで待たなければならない注文住宅とは違い、建売住宅は既に立っている建物を購入することができます。家族が増えるため、今までのアパート暮らしから広い一戸建てに住みたいと考えたときに、あまり時間をかけずに引っ越しができることもプラスの要因です。

しかし、分譲住宅はあらかじめ仕様が決まっているため、リビングを広くしたい、部屋数を増やしたいなどの変更ができないことがデメリットです。自宅で仕事を始めるため仕事部屋を造りたい、子供が独立して余ってしまった部屋を有効活用したいなど、間取りを変えることが建物の構造上、難しい場合もあります。長く住み続けることを考えた場合、将来的に購入した住宅の有効活用ができない恐れが出てきます。

注文住宅のメリットとデメリット

注文住宅は間取りやお風呂などの設備、外観すべてにわたってご自身の決めたとおりに建てられます。親族などから土地を譲り受ける場合を除き、土地探しから始めるため、どの場所にどれくらいの広さの住宅を建てるか、ご自身で決められるのです。

一方、注文住宅の一番のデメリットは支払い方法の複雑さにあります。最初に土地を見つけて売買契約の時に手付金を支払い、引き渡し時に土地代金の残金を精算します。その後、建物着工金時に支払いが発生し、建物工事上棟で建物中間金の支払いをし、建物の引き渡し時に建物残代金を精算します。要するに建物が引き渡されるまでに5回は支払いをする必要があるわけです。

すべての支払いを現金で賄えれば問題ありませんが、銀行へ融資を申し込む場合がほとんどです。融資の流れは土地の購入を申し込むときに、銀行に融資の事前審査を行ってもらいます。売買契約を結ぶときには、銀行から土地と建物に対する融資の承認を得ておく必要があります。着工金と中間金の支払い時につなぎ融資をしてもらい、建物残代金を支払う時につなぎ融資を完済させて、建物の融資を実行し住宅ローンの返済がスタートします。なお、土地代金を支払った時点で銀行の融資は実行されますが、借入金に対する利息分だけ支払うことが一般的です。

また、設計会社や建築会社との打ち合わせを10回程度行う必要があるため、時間がかかることもマイナスです。壁紙や床材、キッチンなどの設備をこだわり過ぎたために予算オーバーになる恐れもあります。

分譲住宅と注文住宅のいいとこ取りをしたNEWスケルトンオーダーハウスとは

NEWスケルトンオーダーハウスとは、購入時には外側のみが完成した状態で、内装や設備は選択できるようになっている、新しいコンセプトの一戸建てです。そのため日当たりや構造などを現地で確認しながらプランを作成できるため、注文住宅よりも鮮明にイメージができることがメリットです。また内装や設備を選ぶ際に迷ってしまう場合もありますが、3つのインテリアパッケージから選べるため、労力も節約できます。つまりNEWスケルトンオーダーハウスは、注文住宅で得られるメリット、間取りやインテリアをご自身の好みに合わせて選ぶことができ、かつ外側は完成していることから分譲住宅と同じような手続きで購入できる一戸建てになります。

それに加え、ライフイベントに合った間取りに変更できることが魅力です。たとえば物件を購入する時には子供が小さいため、人数分の子ども部屋を設置。その後、会社から独立したため、自宅内で仕事が出来るようにリビングの一部を仕事部屋に改装。子供が独立した後は、部屋を有効活用するためにシェアハウスや民泊として活用することも可能です。間取りを変更することは、今までの分譲住宅や注文住宅では簡単にできなかったことですから、子供や孫の世代まで受け継がせても安心な住宅です。

なおNEWスケルトンオーダーハウスの構造は4.3倍ツーバイ工法で、今までのツーバイフォー工法と比較すると、40%耐震性を高めています。また現代の地震対策には、液状化対策が必要です。NEWスケルトンオーダーハウスが採用している砕石パイル工法は、地盤沈下や建物の傾きを地震から防いでくれます。

NEWスケルトンオーダーハウスの詳細についてはこちらを参考にして下さい。

長期間安心して暮らしていくための住宅選びを

一戸建ての住宅を購入したら、30~40年は暮らしていくことを考えておく必要があります。未来に後悔をしないため、本記事をぜひご活用ください。