一人ひとりがきらめくまちを目指す弥富市の特徴

弥富市の住みやすさ

弥富市(やとみし)の北部は、鉄道や幹線道路が充実しているため、名古屋市のベッドタウンとして人気のエリアです。住宅開発が盛んに行われ、人口は増加傾向にあります。東洋経済が実施した2014年度の「住みよさランキング」では、愛知県で6位、全国でも39位にランクインを果たしました。この住みよさの理由は、名古屋市中心部へアクセスしやすい上に、豊かな緑に恵まれているというところにあるでしょう。

市内に流れる木曽川は美しく、暖かい季節には魚釣りや川遊び、バーベキューやキャンプなどを楽しむ人も多く、レジャースポットとしても人気となっています。三重県へのアクセスも便利なため、週末を利用して三重の温泉に訪れる人も。美しい自然がすぐそばにあり、安らぎを感じられるエリアでありながら、通勤や通学にも便利なのが「弥富市」なのです。

弥富市の学区

弥富市には8校の市立小学校、3校の市立中学校が設置されており、高等学校は県立高校が1校、私立が2校、専門学校は1校設置されています。小学校の下校時には、市役所から「今から下校します、あたたかく見守ってください」と放送が流れ、市全体で子どもたちを見守る姿勢を強化。このように呼びかけることは、子どもたちに対する市民のまなざしが集まることはもちろん、不審者に対する予防線としても非常に有効となっています。

学校教育においては、子どもたちの持つ個性を引き出し、伸びやかに一人ひとりが輝ける場を提供しています。また、小学校の放課後預かりサービスなどを展開しており、児童館でも子どもたちが安心して遊ぶことができるよう、図書室や遊戯室などを活用。子どもたちが安全な環境のもと、安心して自分たちの創造性を伸ばすことができるよう、職員が見守っています。

弥富市の保育園

子どもが伸びやかに過ごすことができる自然環境を誇る弥富市には、9つの保育園があります。「子育てするなら弥富市へ」を掲げ、子育て世代に対して保育園だけではなく、子育て支援サービスも積極的に展開。子どもたちも、子育てをしている最中にいるその両親も、安心して相談したり、子どもたちを遊ばせたりすることができるような取り組みが数多く行われています。

弥富市の未来をつくる子どもたちは「宝物」であるとし、大切に地域全体で育んでいます。取り組みの結果、住みやすい町として認識され、人口も増加傾向にあると言うことが出来るでしょう。

関連記事