こんな太陽光発電は絶対ダメ!3つのタブーを教えます。

太陽光発電は省エネ効果が高く売電による収入も期待できますが、太陽光発電を設置して失敗したケースも数多くあります。
そこで太陽光発電を購入する際の3つのタブーについて解説します。

施工費用が安すぎる。~手抜き工事の原因に~

太陽光発電を設置する際に最も気をつけたいのが、施工費用が安すぎる業者に施行を依頼することです。
手抜き工事の原因になり、後々その代償を支払うことになりかねません。

施工費用が安い原因としては、まずは人件費の削減があげられます。
職人の人数を削ったり、職人の質を下げたりするなどして無理にコストカットすると、手抜き工事などのトラブルを招くことになります。

また安い部材を使用している場合は劣化や故障などを引き起こし、修理費などが余計にかかることになってしまます。

太陽光発電を設置する場合は複数の業者から見積もりを取りおおよその相場を知り、他社に比べ安すぎる業者には、見積内容を項目ごとにしっかりと確認するようにしてください。

規模が大きすぎる

出来るだけ多くの売電したいと、無理なローンを組み太陽光発電の規模を大きくし過ぎることも危険です。

発電シミュレーションはあくまでもシミュレーションで、必ずその通りに発電できるとは限りません。

売電量がシミュレーションよりも低く、赤字が続くことも当然あり得ます。
太陽光発電の設置には将来に抜けた投資の側面もあります。
投資は自分の返済できる範囲で行うことが鉄則です。
太陽光発電を設置する際は、自分の予算の範囲内で行うようにしてください。

業者に丸投げはキケン

家を建てたり購入する場合、書籍やウェブサイトなどで情報収集をし、家を建てたり購入する際に必要な事柄について勉強する人も多いと思います。
太陽光発電も同じように、太陽光発電について情報を収集し、書籍などで基礎知識を勉強することが重要です。

太陽光発電にはたくさんの業者が参入しています。
多くの業者が良心的に販売をしていますが、なかには良心的ではない業者もいます。

もしも太陽光発電の基礎知識を勉強し、適正価格や発電シミュレーションなどを把握していると、悪質な業者や未熟な業者に気付くことができます。
また太陽光発電を設置する場合は、ランニングコストや国の買い取り制度などを考慮した長期的な資産計画を立てる必要があります。

こうしたことをすべて業者に丸投げし業者の言葉を鵜呑みにしていると、将来的に太陽光発電で損をすることになりかねません。
太陽光発電を設置する際は、業者を選ぶ前に必ず書籍などで太陽光発電の基礎知識を勉強するようにしましょう。

太陽光発電は投資です

太陽光発電は将来に向けた大きな投資です。
投資には危険がつきものです。

そして危険を回避するためにはしっかりと勉強をし、無理な投資を避け、安心できる施工業者に依頼することです。
これらのことをしっかりと守れば、太陽光発電の恩恵をしっかりと受け取ることができますよ。

太陽光発電について知りたいなら、こちらの記事もご覧ください。