【茶臼山高原スキー場】愛知県でスキーを楽しむならココ!施設や魅力を紹介

東海エリアのスキー場といえば岐阜県を思い浮かべる方が多いと思いますが、実は愛知県内にも「茶臼山高原スキー場」というスキー場が存在します。
この記事では、茶臼山高原スキー場の概要と、スキーだけではない茶臼山高原の魅力・楽しみ方を解説します。
茶臼山高原スキー場は初心者やファミリーの方にもおすすめのスポットとなっているので、愛知県近郊でスキーを楽しみたいとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

茶臼山高原スキー場の概要

まずは、茶臼山高原スキー場のゲレンデ情報や営業時間・利用料金等の概要を詳しく見ていきましょう。

“茶臼山”の由来って?

茶臼山高原スキー場は、「茶臼山(ちゃうすやま)」の斜面に整備されたスキー場です。
茶臼山は愛知県北設楽郡豊根村と長野県下伊那郡根羽村にまたがる標高1,416mの山で、周辺一帯をまとめて「茶臼山高原」と呼んでいます。
スキー場があるのは茶臼山高原の一部である「萩太郎山」の北斜面で、こちらは愛知県唯一のスキー場となっています。

なお「茶臼山」という名称は、形状がお茶を挽く茶臼に似ていることから付けられており、通称を含めて全国に200以上あるそうです。
愛知県内だけでも北設楽郡・新城市・豊田市の3か所に茶臼山が存在するため、スキー場へ足を運ぶ際は他の茶臼山と間違えないように注意しましょう。

ゲレンデの種類

茶臼山高原スキー場には以下の5つのゲレンデが用意されています。

 距離傾斜特徴
ファミリーゲレンデ100m最大12°・平均9°子ども・初心者向けのコース
Aコース1,000m最大22°・平均13°初・中級者向けのコース
Bコース1,000m最大25°・平均18°初・中級者向けのコース
Cコース600m最大30°・平均20°中・上級者向けのコース(※積雪状況により開放)
そりゲレンデ60mスノーボート・ヒップスライダー限定のゲレンデ

営業時間・利用料金

茶臼山高原スキー場の営業時間・利用料金は以下の通りです。

営業時間

リフト・ベルコン8:30~16:30
レンタルスキー平日8:30~17:00/土日祝8:00~17:00

利用料金

<リフト・ベルコン>

ベルコン券(1日)500円購入から16:30まで有効
リフト・ベルコン(4時間)2,000円購入から4時間有効
リフト・ベルコン(平日・1日)大人2,500円/子ども1,000円購入から16:30まで有効
リフト・ベルコン(土日祝・1日)大人3,000円/子ども2,500円購入から16:30まで有効

<レンタル>

スキーセット大人3,000円/子ども2,500円ブーツ・板・ストックのセット※単品でレンタルも可
ボードセット大人3,500円/子ども3,000円ブーツ・板のセット※単品でレンタルも可
スキーウエア大人3,500円/子ども3,000円上下セット
そり1,000円大人2人まで乗車可

その他、より詳細な料金についてはコチラをご参照ください。

イベント開催情報

茶臼山高原スキー場では以下の通りイベントが実施されています。

ちびっこデー毎週土曜日小学生以下 リフト・ベルコン無料
レディースデー毎週月・水・金曜日平日1日リフト券が1,000円割引
メンズデー毎週火・木曜日平日1日リフト券が1,000円割引

またスキー検定やスラロームの大会等も定期的に開催されているので、初心者の方はもちろん、より上を目指して練習したい方にもおすすめのスキー場となっています。

オールシーズン楽しめる!茶臼山高原の魅力

茶臼山高原はスキー場としてだけではなく、桜の名所やハイキングコースとしても人気のスポットです。
続いて、茶臼山高原のスキー以外に楽しみ方について詳しく見ていきましょう。

芝桜

茶臼山高原の一部である「萩太郎山」の頂上付近には約40万株の芝桜が植えられています。
22,000㎡の広大な敷地に以下の6種類の芝桜が咲き誇り、訪れる人々を魅了します。

キャンディーストライプ咲き始めはピンク色で、徐々に薄紫に変化するのが特徴です。
マックダニエルクッション鮮やかなピンク色が特徴です。
オータムローズ明るいピンク色が特徴で、芝桜の中でも強健品種として知られています。
スカーレットフレーム真っ赤な花色が魅力的な品種で、最もポピュラーな芝桜です。
オーキントンブルーアイスカイブルーの美しい花です。
リトルドット純白の花をつける芝桜で、サイズがやや小ぶりなのが特徴となっています。

ハイキングコース

茶臼山高原にはブナの自然林が原生しており、30程歩くと山頂展望台に到着することができます。
山頂展望台からは360度の大パノラマが広がり、奥三河や南アルプスの山々を一望できるのが魅力です。
本格的な登山は苦手という方は、こちらのハイキングコースにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

美術館

茶臼山高原の敷地内には、秋頃(9月中旬~11月上旬)の土日祝のみ開館する美術館が併設されています。
こちらでは常設展として写真家の前田真三さんの作品を展示している他、様々な企画展も実施されています。
開館期間が短いため、足を運ぶ際は公式サイトの営業状況等をチェックしてみてください。

岡崎市稲熊町
3,180万円
長久手古戦場
3,130万円
中村区岩塚
2,880万円
東海市荒尾町北遠鐘
3,180万円