地域開発で変わりつつある熱田区の特徴

熱田区の住みやすさ

熱田区(あつたく)は名古屋市の中央よりも若干南西部に位置しています。人口が名古屋市内で最も少ない地域ですが、現在高層マンションが建設されたり、イオンモールなどの大型ショッピング施設がオープンしたりしたことで人口が増加しつつあるところです。

またJR東海の東海道本線や中央本線、名古屋鉄道の名古屋本線常滑線、市営地下鉄の名城線と名港線などの各種公共交通機関網が発達しており交通の便がいいところも住みやすさのひとつです。
車を使う方にとっても、名古屋高速道路のインターチェンジが設置されていることもあり人気が高まっています。

熱田区の学区

熱田区(あつたく)には高蔵学区、旗屋学区、白鳥学区、千年学区、船方学区、野立学区、大宝学区の7つの学区があります。
高蔵学区が行なっている「高蔵学区体育祭」や旗屋学区の「仲良しグラウンドゴルフ大会」などのようにスポーツを学区全体で楽しんでいるところや、白鳥学区の「地域の方から昔のお話を聞く会」や千年学区「納涼まつり」のように地域の人々とのふれあいを念頭に置いたイベントを開催しているところもあります。

また防犯対策や地域の安全な暮らしにも配慮しており、野立学区では「学区防犯パトロール」、大宝学区では「青色回転灯防犯パトロール車による日常防犯活動」が行われています。
船方学区では「適切な規模と分かりやすい区割りによる町内会の再編成」として、区内のアクティビティを最適化するための話し合いなども行われているようです。

熱田区の保育園

熱田区には3つの公立保育園と17の私立保育園が認可施設および事業所としてあります。

公立保育園では高蔵保育園が120人の受け入れ定員を持ち最大で、他の2つの公立保育園は90人規模の受け入れ定員とされています。
受け入れ時間はいずれの公立保育園も午前7時30分〜午後7時30分までで、延長保育もあります。
高蔵保育園では産休明けからの受け入れが可能で、延長保育の他に子育て支援センターや入所予約などを実施しています。

私立保育園では受け入れ定員数の規模が異なりますが、一番規模が大きいのは宗教法人が運営する認定こども園高蔵幼児園の430人です。10ヶ月の子どもから受け入れ可能です。
あとは60人〜170人など比較的大きい規模のところで9つの保育園、20人以下の小規模のところで7つの保育園があります。

熱田区の学校一覧

幼稚園

  • 内田橋聖アントニオ幼稚園 伝馬2-28-14
  • 堅磐信誠幼稚園 玉の井町9-28
  • 白鳥幼稚園 白鳥2-12-15
  • 聖テレジア幼稚園 大宝4-5-17

小・中学校

  • 高蔵小学校 花町7-33
  • 旗屋小学校 夜寒町5-1
  • 千年小学校 千年二丁目38-26
  • 船方小学校 四番二丁目10-43
  • 白鳥小学校 白鳥二丁目13-12
  • 野立小学校 青池町2-21
  • 大宝小学校 大宝三丁目8-43
  • 沢上中学校 五本松町4-4
  • 宮中学校 白鳥一丁目3-46
  • 日比野中学校 大宝四丁目2-45
  • 日比野中学校南校舎 一番三丁目2-60

まとめ

熱田区は現在住宅地開発や商業施設、交通網の整備などによって変わりつつある区だと言えますね。学区でも幅広く活動が行われ地域の絆も深められそうです。

愛知県で土地を探している方は、こちらから。

最新の物件情報を多数掲載。ぜひご覧ください!

関連記事