「食洗機付きの物件も!」家具・家電付き賃貸物件のメリット・デメリット

初めてアパートへ引っ越すことを考えている人にとって、家具や家電がついていると初期費用が抑えられるために魅力的に感じられるかもしれません。客付けに苦労している大家さんにとっても起死回生の策になる可能性があります。今回は賃貸物件に入居を考えている人や大家さんにとって家具・家電付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説していきます。

入居者が家具・家電付き賃貸物件を選ぶメリットとデメリット

初めてアパートへ引っ越す場合、テレビや冷蔵庫・洗濯機などの家電や、ベッドやキャビネットなどの家具が付いていると、購入費用がかからないため気軽に引っ越しができます。

賃貸契約時の初期費用に加え、家具や家電を購入するとどうしても高額になりがち。前回も家具・家電付きのアパートに住んでおりほかの物件へ引っ越したいと考えている人にとっても、引っ越し費用や家電などの購入費用が抑えられることは魅力的でしょう。特にエアコンは取り付けや取り外しの費用が高いため、費用を抑えたいならエアコン付きの賃貸物件に引っ越すとお得度が増します。

主な備え付けの家具家電クローゼット(作り付け)ついている物件が多い
エアコンついている物件が多い
冷蔵庫家具付きの場合あることが多い
ベッド家具付きの場合あることが多い
冷蔵庫家具付きの場合あることが多い
テレビ家具付きの場合あることが多い
洗濯機家具付きの場合あることが多い
食洗機あまりない

家具・家電付き賃貸物件のデメリットは好みの家具や家電が選べないこと、潔癖症の人にとって誰が使っていたか分からない家具や家電を触ることは嫌かもしれません。ベッドは特に直接肌に触れるため、生理的に無理だと思われる方もいるでしょう。家具・家電付きのアパートに長期で入居した場合、家具や家電なしの物件に住んでいた方がトータルで安くなることも多いです。

大家さんにとって家具・家電付きの賃貸物件にするメリットとデメリット

家具や家電を持っていない入居者に対して、引っ越しを後押しする効果があることがメリットの一つです。特に単身者向けの物件に効果があり、大学の近くにある物件や、オフィス街からアクセスの便利な地域に物件があれば、空室対策になります。また他の物件よりも、家具・家電付き物件の方が家賃を上げられる余地があります。

デメリットは家具や家電を買いそろえるときの費用負担が大きいこと。すでに所有している物件で、空いた部屋から買いそろえていくなら、負担はそれほどでもないかもしれません。費用を負担した分だけ、家賃に転嫁できるかどうかわからないこともデメリットです。家賃を上げてしまったために入居付けが難しくなってしまったら、家賃を下げるかフリーレントの期間を設けるなどの対策をしなければなりません。

すでにアパート暮らしをしていて家具や家電を持っている人は、家具・家電付き物件を必要としていないため、見込み客にならないことも考えておかなければなりません。

その他にも、入居期間が短くなる可能性があります。学生向けのアパートの場合、ほとんどの入居者は4年以内に退去するため入退去時の原状回復費や広告宣伝費がかさみます。原状回復費には室内クリーニングも含まれていますが、家具・家電があることで費用が高くなりがちです。

家具・家電付き賃貸物件の注意点「設備」と「プレゼント」の違いとは?

急にテレビが映らなくなった、椅子が壊れてしまったときは賃借人が負担すべきなのか、大家が修理をしなければならないのか迷うかもしれません。その時にすることは、契約書に書かれていることを確認することです。家具や家電は設備と契約書にうたっている場合、修理や交換をするのは大家です。もしもの時に備えて、大家さんは家財保険に加入しておけば、家電が故障したり家具が壊れてしまったりしたときに補償されます。もちろん、引越しのときに持ち出すことはできません。

しかし、契約書に無償貸与や貸与、設備外などと書かれていると話は変わります。例えば「テレビは無償貸与」と契約書に書かれていた場合、撤去は大家さんが行いますが新たにテレビが必要なら賃借人が購入しなければなりません。

また、家具家電付きでも「設備」ではなく「プレゼント」となっている場合も、壊れた場合の修理費用は賃借人が負担しなければなりません。不要になって廃棄する場合も、廃棄費用は賃借人の負担です。家具家電がプレゼントの場合、短期に解約した場合、違約金がはっせいすることもあります。

大家さん、家具・家電付き物件にして購入費用は何年で回収できますか?

空室対策の一環として家具や家電を購入する場合、それだけの投資効果が得られるかをどうかを考えながら行うべきです。例えば家賃が3万円の物件を所有しており家電を付けて募集した場合、いくらまでなら家賃が上げられるか事前に調べておく必要があります。

近隣の家具・家電付き物件が4万円で満室になっているなら、1万円程度の値上げが可能だと考えられます。仮に家具や家電の購入時の総額が24万円なら6か月で投資金額が回収できるわけです。家具・家電付き物件にするべきかどうか管理会社と相談の上、決めるようにしましょう。

家具・家電付き賃貸物件を選ぶときは家賃と予定居住期間を考えて

一般の物件と比べると家賃が高額になってしまう家具・家電付き賃貸物件。初期費用を捻出するのが難しいときや予定居住期間が短い場合、家具・家電付き物件に住んでみてはいかがでしょうか。