注文住宅を建てるときにキッチンで失敗しないための解決方法

注文住宅を建てるときに、どのようなキッチンを取り付けてどれくらいの広さにすればいいか迷うところです。キッチンの配置を決めた後にリフォームをすることは、配管位置を変える必要があると費用がかさむため避けたいところです。今回は注文住宅を建てるときに参考になるキッチンの配置について解説していきます。

キッチンの種類と特徴

キッチンの種類には5種類あり、それぞれに特徴があります。

・I型キッチン

I型キッチンは多くの場合、壁の一面に取り付けられていて、シンクやコンロ、調理台が一列に並んでいます。I型キッチンはコンパクトで、キッチンをあまり広くできないときに設置するのにぴったりなキッチンタイプです。しかしすべてのものが一直線上にあるため動線が長くなることや、2人以上で調理などをするときに不便さを感じることがデメリットです。

・Ⅱ型キッチン

I型のように一列に並んでおらず、シンクとコンロが分かれているものがⅡ型キッチンです。洗う場所と煮炊きをする場所が分かれていることから、複数人で調理が楽にできることがメリットです。しかし洗ったものをコンロの方へ持っていくときに水がこぼれてしまい、床が汚れてしまうことや、I型と比べるとキッチンを広くしなければいけないことがデメリットです。

・L型キッチン

シンクや調理台とコンロをL字型に設置されているキッチンを、L型キッチンと呼んでいます。L型キッチンのメリットは、調理台が広いため料理の準備がしやすいことや、複数人で料理が楽しめる、動線が短くなるため調理が楽になることが挙げられます。しかしL型キッチンはⅡ型キッチンと同様、キッチンスペースを広くしなければならないことや、L字のコーナー部分がデッドスペースになりやすいことがデメリットです。

・U型キッチン(コノ字型キッチン)

シンクと調理台、コンロをUの字に配置したものをU型キッチンと呼びます。U型キッチンのメリットは動線が短くなることと、収納や調理スペースを大きく取れることです。しかしUの字の内側で調理などをするため、狭すぎると圧迫感を感じることや、角の部分がデッドスペースになってしまうことがデメリットです。

・アイランド型キッチン

キッチンを壁につけずに設置するものをアイランド型キッチンと呼んでいます。キッチンが壁に設置されていないため開放感があることや、複数人で調理などができること、ダイニングやリビングにいる人とコミュニケーションを取りやすいことがメリットです。しかしキッチンが壁についていないことで、四面すべてに化粧板を付ける必要があるため高額になることがデメリットです。他にはスペースを取り過ぎることでリビングやダイニングが狭くなってしまうこと、キッチンが丸見えになってしまうこと、キッチン自体が高額になってしまうことも考慮しておくべきでしょう。

キッチンでの失敗例!後悔しないためのポイントを紹介

使い勝手の悪いキッチンにしてしまうと、作業がはかどらなくてイライラしてしまいます。そのようなことを避けるためにキッチンでの失敗例を紹介していきます。

・キッチン家電を使うためのコンセントが足らなかった

料理をするときに多くのキッチン家電を使うことで、料理をするときの効率は上がりますが、キッチン家電を同時に複数個使いたいときもあるため、想定していたよりもコンセントが足りなくなる可能性もあります。また電子レンジなど消費電力が大きい家電にも対応できるようなコンセントも用意しておきましょう。キッチン家電を置くスペースも考えて、キッチンのサイズを決めるようにしてください。

・キッチンが狭くてゴミ箱を置く場所に苦労をした

料理をしたり後片付けをしたりしながらゴミ箱が使えるようにしておくことで、時間の節約になります。生ごみやプラスチック製の容器などを分別できるようなゴミ箱が置けるように、キッチンのスペースを作るようにしましょう。

・パントリーが使いにくく、スペースが無駄になってしまった

お米やペットボトル、調味料や長期保存ができる食料などはパントリーに収納しておくとキッチンが使いやすくなります。玄関や勝手口の近くにあり、かつキッチンからの行き来が楽な場所にパントリーを作るといいでしょう。しかしお米などの重いものと調味料や乾物などの使用頻度が高いもののバランスを考えておかないと、実際に使うときに入れるものが少なくてスペースが無駄になることもあるため、何をどれくらい入れておくか考えておきましょう。

・換気扇の排気位置に気を付けて!後でご近所トラブルを招くことに

魚を焼いたりすると、どうしても臭いが出てしまいますが、もしも換気扇の排気口が隣の家のリビングや寝室に近ければ、臭いでトラブルになる可能性が高くなります。そのため設計士と相談をし、臭いでトラブルにならないような場所に換気扇の排気口を設置するようにしてください。

キッチンを使いやすくして余暇を楽しんで

仕事と家事で忙しいなら、キッチンの隣に洗濯機を置けるようにしておくと、いろいろな作業を行う上で時間の節約ができます。どのようなキッチンにしたいか迷ったときに、本記事をぜひご活用ください。