人々が心豊かに暮らすことが出来るまちを目指す 愛西市の特徴

愛西市の住みやすさ

愛西市(あいさいし)は、佐屋、立田、八開、佐織という4つの個性あふれる地域が合併して誕生した、新しい市です。「和み」「ゆとり」「安心」「快適」「便利」そして「健やか」であることを目指し、それぞれの地域の持つ特色を活かしながら人々が集い、交流するまちとして発展を続けています。

清流木曽川を筆頭に数多くの河川がある愛西市は、水と関わり深いまちと言えるでしょう。水の緑が豊かな環境の中で独自の文化が息づくまちであり、れんこんが名産のひとつとなっています。その他にも、木曽川がもたらす豊かな土地と温暖な気候のもと、新鮮な野菜を多く栽培。トマトやイチゴ、しょうがなども特産品です。美味しい水が欠かせない酒づくりも盛んで、豊かな自然環境と木曽川の伏流水を活かした名酒が醸造されています。美しい清流の恵みのもと、美味しい食物にも恵まれ、心豊かに暮らすことが出来るまち、それが愛西市なのです。

愛西市の学区

愛西市には、12校の公立小学校、6校の公立中学校が設置されています。愛西市では教育環境を整え、教育の質向上を目指して活動を進めており「学ぶ」ということはどういうことかに気づくことができる基盤を、子どもたちに身に着けさせる取り組みを実施。特に、小学校では「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」を育みながら、次代を担う人づくりを実現するべくさまざまな取り組みを展開しています。子どもたちに安心して学べる学校を提供するべく、耐震化も実施し、現在耐震化はすでに完了。安全、安心に学ぶことができる環境を整えることも、行政の大切な役割であると考えているのです。

また、高等学校は私立が2校、県立が2校、専門学校1校があります。

愛西市の保育園

愛西市には、市立4園私立6園の保育園、認定こども園が3園設置されています。私立幼稚園も3園あり、幼稚園では2歳児保育も実施。子育てサポートに積極的に取り組んでいます。

子育てサポートの一環として、愛西市では子育て中の課程がより安心して子育てできるよう、愛西市での子育てに関わるサービスや施設、制度をまとめた冊子「子育てガイド」を配布しています。このように、保育園をはじめ、子育て世代が安心して地域を頼ることができる環境整備を積極的に実施。ささえ合いの心を大切に、安心・安全な生活が実現できる愛西市を目指して、さまざまな活動を展開しています。

関連記事