「住むにも、子育てにも、ちょうどいい」知多市の特徴

知多市の住みやすさ

「ちょうどいいまち ちた」をテーマとしている知多市(ちたし)は、愛知県の知多半島北西部にあり、名古屋と中部国際空港のちょうど間に位置しています。知多市は、知多で暮らしている人々が、すべてにおいて「ちょうどいい」と感じられるまちづくりを目指しています。すべてが揃い、生活をしていくのにほどよく、ちょうどいい――それが知多市と言えるでしょう。名古屋空港や、中部国際空港へのアクセスも良く、商業施設なども充実。それでいて、緑豊かで美しいまちとして子どもたちや市民に愛されています。

また、犯罪発生率の低さは愛知県内でも最低水準となっており、これは知多が誇れることと言えるのではないでしょうか。地域や警察が一体となって、安心して生活できるまちづくりに取り組んだ成果です。安心、安全であることでより知多市民が「いつまでも知多に住み続けたい」と感じ、知多に住んでいない方たちにも「いつか知多に住んでみたい」と思ってもらえるようなまちづくりに力を入れています。

知多市の学区

知多市には10校の公立小学校、5校の公立中学校があります。知多では、地域の方たちの協力のもと、子どもたちに昔遊びや工作、レクスポーツの体験活動や地域交流活動を放課後子ども教室として展開。下のお子さんがいて忙しかったり、仕事をしている保護者の方にとって少しでも助けになればと進めている活動ですが、子どもたちに大人気となっています。

また、公園が多く、子どもたちがのびのびと遊ぶことが出来る環境も、知多市の魅力となっています。大きいものから小さいものまで合わせて74カ所の都市公園、41カ所の公園や広場、15カ所の児童遊園地があり、放課後には子どもたちの元気な声が聞こえてくるまちです。

知多市の保育園

知多市には現在、公立保育園が12園、私立保育園が2園、小規模保育施設が1園あります。共働き世帯が増加していることを受け、待機児童解消を目指して、保育所の誘致や定員の拡大などを積極的に展開。安心して子どもを預けることが出来る環境は、子育て世代にとってありがたいものではないでしょうか。
人と人との出会いや、気持ちと気持ちの通い合い、地域の中でのつながりを大切にした子育て支援センターも大変好評で、新米パパやママが安心して相談でき、子どもを遊ばせることのできる場としていつも賑わっています。子育て世代も、子どもたちも、シニアも誰もがわくわくする、そんなエリアとなるような事業に積極的に取り組んでいます。

関連記事