日本三大稲荷「豊川稲荷」が人気の豊川市の特徴

豊川市の住みやすさ

豊川市は愛知県の東三河に位置しており、東側の少し南寄りにあります。
歴史的には門前町から発展しており、愛知県内の「豊」がついた市名の中でも最も古いのが豊川市であると言われています。

北のほうには本宮山の山麓が見られ、南では三河湾が見られるなど自然に囲まれている環境にあります。
また気候は温暖なので四季によって様々な自然の景色を楽しむことができるのも魅力です。

豊川市は昔から東三河の交通の要所としての機能も果たしてきました。
現在でも、東名高速道路の豊川インターチェンジなどをはじめとして、国道1号、23号、151号、247号、362号があり、県道も多く通っています。
公共交通機関に関しても、JR東海の飯田線と東海道本線、名古屋鉄道の名古屋本線と豊川線、また各種高速バスなども通っているので、通勤にも通学にもうってつけの場所です。

豊川市の学区

豊川市には小学校が26校、中学校が10校あります。通学区域は住んでいる町域によって決まっており、市が公式サイトで公布している通学区域一覧にて、住んでいる住所と通学区域を確認することができます。

また豊川市は、愛知県の教育委員会から委嘱されて、教育に関わる課題を解決するための「平成28年度学力充実プラン推進事業」に参加しています。
ここでは学力テストの結果を分析して、豊川市の教育状況の中で弱みを改善することを目的としています。
そのためにも授業内容を考え直したり、学力アップのための新たな施策を追加したりするなどの活動を進めています。

またこのような教育への取り組みについては、公式サイトで資料としてまとめられ公表されています。
どのような教育施策が行われているのかをまずはチェックしてみることをオススメします。

豊川市の保育園

豊川市には25の公立保育園と、23の私立保育園、また3つの小規模保育施設があります。
豊川市が公表しているものによると、受け入れ可能定員を超えた利用調整者数は1~5人ほどのわずかな差であるものもあれば、10人以上の大きな差があるものもあります。
利用調整をした施設は計23施設で、保育園を検討している場合には早めに定員数や空き状況などをチェックしておく必要があります。

保育園の入所にあたっては毎年10月頃に保護者に向けた説明会を実施しています。
説明会が行われる年度や各保育園によっても日程が異なるので注意してください。

関連記事