元付けと客付けの違い

不動産契約をする際、お世話になるのが不動産業者です。彼らは物件によって元付け業者と客付け業者のいずれかに該当し、あなたの不動産契約をサポートすることになります。今回は元付けと客付けの違いについて解説していきます。

元付けと客付けの違いとは

客付けとは元付け不動産会社に対して、借主(買主)を紹介する不動産会社元付けは買主(売主)から直接借主(買主)を探すことを依頼された不動産会社

不動産契約において、大家(売主)から直接依頼されている元付け業者と、不動産会社に借主を紹介する客付け業者という、2つの業者が存在します。

仕事の内容

客付け業者は元付け業者に入居者を紹介することで収入を得るため、広く浅く様々なエリアの情報を集めて物件の紹介を行います。都市部の不動産業者の多くは客付け業者であり、物件の管理業務などの仕事が少ないため、主な仕事は入居(購入)希望者の集客・接客などです。

客付け業者は直接大家さんのことを知らないため、どのような人が入居しているか、周りの環境はどうか、といった情報は元付け業者などに確認しながら話を進めます。仲介手数料をもらう、その場限りの営業活動が基本であり、入居(購入)後のトラブルなどは基本的に対応はしないことが多いようです。

一方、元付け業者は大家さんと長い間密接にかかわって来ていることが多く、自社物件として管理しています。その場に根付いている業者であることが多く、入居後も管理を大家さんに依頼されているため、責任をもって対応してくれます。その反面、広範囲の物件は扱っていないことが多いようです。

不動産仲介手数料とは

不動産の仲介手数料とは、住宅の売買や賃貸において不動産業者に支払う手数料のことです。仲介の手数料は売り手(貸し手)と買い手(借り手)の双方から不動産業者に支払われます。不動産契約の際、どの不動産業者が関わってくるかで両手仲介と片手仲介とに分かれます。

両手仲介とは

両手仲介とは、元付け業者が借り手(買い手)を自ら見つけてきて場合が該当します。大家(売り手)と借り手(買い手)の双方から手数料がもらえます。

片手仲介とは

片手仲介とは、客付け業者が借り手(買い手)を見つけてくる場合です。この場合、大家(売り手)からの手数料は元付け業者、借り手(買い手)からの手数料は客付け業者がもらえます。半分ずつですので片手というわけです。

両手仲介と片手仲介のメリット・デメリット

両手仲介と片手仲介にはメリットとデメリットがそれぞれあります。

両手仲介のメリット

・取引がスムーズである

元付け業者が売り手(貸し手)と買い手(借り手)の双方と関わっているため、不動産契約がスムーズに行われます。不動産売買などの仲介で、値引き交渉したいと買い手が思ったっとしても、客付け業者も間に入ってくる場合はやり取りに時間がかかってしまいます。元付け業者であれば電話1本で、すぐに可否が分かることもあります。

・仲介手数料が割引されることも

両手仲介の場合は双方から仲介手数料が得られるため、通常よりも実入りが多くなります。そのため、値下げを請求した際対応してくれることもあります。ただし、あくまでも両手仲介の場合ですし、交渉する場合も必ず最初に行うようにして、トラブルにならないようにしましょう。

・見込顧客を素早く見つけることも

大手の不動産業者が元付け業者の場合、多数の顧客を抱えているために早いタイミングで見つかることがあります。

両手仲介のデメリット

・利益相反になる

両手仲介の場合、買い手(借り手)と売り手(貸し手)を同じ元付け業者が担当します。両者は「より条件よく売りたい」「より条件よく買いたい」という思惑があるため、本来利益が相反します。そのため、どちらかの利益を損なっている可能性があります。

・囲い込みをする

両手仲介のほうが元付け会社は儲かります。そのため、自ら借り手(買い手)を探そうとし、他の業者への依頼や、不動産情報に掲載することをためらうことがあります。その結果、短期間で契約が成立しないことがあります。

片手仲介のメリット

・公平性が高い

買い手(借り手)と売り手(貸し手)にそれぞれ不動産業者が担当するため、双方が納得するところで契約が成立します。そのため、公平性が高い取引が見込めます。

・買い手(借り手)を探してくるインセンティブが働く

物件の買い手(借り手)候補をあらゆるところから探すインセンティブが働き、見込顧客を見つけやすくなります。

片手仲介のデメリット

・元付け業者は熱意が下がってしまうことも

元付け業者にとって片手仲介は利益が減りますので営業が熱心ではなくなる可能性があります。

・複数の業者が入ることによって契約成立までに時間がかかる

間に複数の不動産業者がはいるために、取引が円滑にすすまないことがあります。

まとめ

元付け業者に対応してもらったほうが、交渉が早くなったり、手数料が安くなったりする可能性があるため、できれば元付け業者の物件を狙いたいと思うかもしれません。しかし、片手仲介にもメリットはあります。片手仲介と両手仲介の違いに気をつけながら、自分にとってメリットがある契約をすることが大切です。

岡崎市稲熊町
3,180万円
長久手古戦場
3,130万円
中村区岩塚
2,880万円
東海市荒尾町北遠鐘
3,180万円