カーテン生地生産量が日本一の江南市の特徴

江南市の住みやすさ

江南市(こうなんし)は愛知県の北部に位置しており、木曽川の南岸にあります。

名古屋鉄道の犬山線が通っており、名古屋市へは公共交通機関を使って約20分のところにあるので、通勤や通学に便利です。
このような名古屋市との地理的な近さもあり、近年ではベッドタウンとして都市の発展もしています。
また岐阜県側の地域にも隣接しているので、岐阜県への通勤や通学にも利用されている地域です。

江南市には木曽川の恵みによって平坦で非常に肥沃な土壌を持っており、自然に恵まれた豊かな環境にあります。
また気候や風土が温暖であるため豊かな生活が送りやすいとも言われています。

明治時代以降になると地元ではそれまで新田や宮田用水などの開発によって発展した農業より、養蚕業が盛んになります。現在でも絹織物産業などが発展している地域です。
特に、カーテンの生産量は日本一で、品質も量も高く評価されています。

江南市の学区

江南市には古知野東小学校、古知野南小学校、古知野西小学校、古知野北小学校、布袋小学校、布袋北小学校、宮田小学校、草井小学校、藤里小学校、門弟山小学校の10の市立小学校があります。
また中学校では古知野中学校、布袋中学校、宮田中学校、北部中学校、西部中学校の5つの市立中学校に分けられ、さらに私立では滝中学校があります。

またそれぞれの小学校や中学校は住んでいる地域によって行くところが決められていますが、留守家庭や引越し事情など様々な点を考慮して、条件を満たした場合には指定校変更および区域外就学申請を行うことが可能です。

江南市の保育園

江南市には100人以上の受け入れ定員数を持つ18の保育園があります。
最大規模のところは140人の定員数を持つ東郷町の古知野西保育園と安良町の布袋北保育園です。
11カ所の保育園では7ヶ月以上の子どもから受け入れが可能であり、残りの7か所の保育園では1歳以上からとなっています。

特別支援などの状況については、18全ての保育園で延長保育を実施しています。
また宮田神明町にある宮田東保育園や赤童子町にある中央保育園では一時保育も行っています。
草井町の草井保育園や後飛保町の宮田保育園、藤が丘の藤里保育園、勝佐町の古知野北保育園、宮後町のあずま保育園、村久野町の門弟山保育園、赤童子町の中央保育園、東野町の古知野西保育園、安良町の布袋北保育園、木賀町の布袋西保育園では障害保育を実施しています。

まとめ

江南市は名古屋市や岐阜県との地理的距離を生かしてベッドタウンとしても役割を果たしています。比較的大規模な保育所も多いので、子育て世帯にもオススメの地域です。

江南市の施工例(東新住建)

関連記事