地盤保証

20年間安心が続く地盤保証

東新住建では、SWS試験とSDS試験の2種類の試験をする事で、20年保証を実現しています。

img

SDS®試験はボーリング調査に匹敵する精度で土質判定

従来のSWS試験ではわからない「土質」がわかる画期的な試験法です。

SDS®試験とは、地盤の土質をより正確に判断し、的確な地盤評価を支援するための試験法です。従来のSWS試験では「ジャリジャリ」などの音で土質(ローム・砂質土・粘性土・腐植土・盛土)を推定していました。これに対し、SDS®試験ではトルクなどのパラメータや地形条件、近隣ボーリングデータなどを参考に、土質の推定精度を高めることに成功しました。SDS®試験は特許技術を使用するとともに、一般財団法人ベターリビングの建設技術審査証明も取得しています。

※ボーリングによる採取試料から実施した、粒度試験による土質判別(砂・粘性土など)とSDS®試験から統計的に判別した土質との相関は85%以上の精度を持っています。

  • お客様の声
  • 施工例
  • 新着の土地・売り土地情報
Page top
モバイル表示