耐震性能

耐震等級とは?

東新住建は耐震等級2以上で建築しています。

平成12年(2000年)に制定された住宅品質確保促進法(品確法)において、建築主が耐震性を判断する目安となるように3段階の耐震等級が表示されました。

耐震等級1は建築基準法通りです。そして、等級2、等級3となるほど建物の耐震性は高くなります。

img

耐震等級1(建築基準法)

  • 数百年に一度発生する地震(東京では震度6強から震度7程度)の地震力に対して倒壊、崩壊しない程度
  • 数十年に一度発生する地震(東京では震度5強程度)の地震力に対して損傷しない程度

チェック項目

  • 壁量計算
  • 壁の配置(4分割法または偏芯率)
  • N値計算

耐震等級2(品確法)

  • 耐震等級1の1.25倍の地震力に対して倒壊、崩壊しない程度
  • 耐震等級1の1.25倍の地震力に対して損傷しない程度

耐震等級3(品確法)

  • 耐震等級1の1.5倍の地震力に対して倒壊、崩壊しない程度
  • 耐震等級1の1.5倍の地震力に対して損傷しない程度

チェック項目

  • 品確法壁量計算(地震に対する必要壁量:積雪考慮・存在壁量:準耐力壁考慮
  • 壁の配置(4分割法または偏芯率)
  • 床倍率(水平構面の検定)
  • 横架材(建物条件に基づいて横架材断面検定)
  • N値計算
  • 基礎
  • お客様の声
  • 施工例
  • 新着の土地・売り土地情報
Page top
モバイル表示