シックハウス対策

現在の住宅様式とその特徴

すきまの少ない現代の住宅

  1. 現代の住宅はとても快適
    すきまの大きい家では、冷房や暖房の効きが悪く、冷暖房費もかさみます。現代の住宅は、省エネルギーの観点からさまざまな建材や建築方法が開発されたため、家が「高気密」になってきました。そのことにより、外の暑さ、寒さ、騒音などの影響を受けにくく、わたしたちは快適な生活を送ることができます。
  2. 換気が止まると、空気が汚れる
    一方で、高気密の家では空気をいつも入れ換えていないと、空気が汚れてきます。
    外気と空気の交換が行われなければ、室内空気中の二酸化炭素濃度が上昇したり、ダニ、カビの胞子なども飛散した状態でそこにとどまったりと、室内の空気環境が悪くなってきます。
  3. 家具や壁紙にも化学物質は使われます
    もともと家を建てる材料(内装材、建具などの建材)には、接着剤や塗料、溶剤などいろいろな化学物質が使われています。
    建材だけではなく、いす、テーブル、壁紙、カーテンといった家具や内装品にも化学物質は使われています。衣類の防虫剤、殺虫剤にも使われます。化学物質は私たちの日常生活に非常に身近なものです。ですから、私たちは化学物質と上手につきあう工夫をしなければなりません。
  4. カビ・ダニなどにも注意が必要です
    住環境における健康影響は、化学物質によるものだけではなく、湿度環境、カビ・ダニなどに関係があることがわかっています。またストレスを多く抱える人がシックハウス症状を訴えやすいといわれているので、こまめな気分転換やストレスの軽減も大切です。

伝統的な日本の住宅

  • 木造で、ふすまや障子、土の壁で部屋が仕切られ、床には畳が敷かれた構造
  • 日本の高温多湿の気候にとっては好都合
  • 床下や天井も通気のよいつくり
img

現代の日本の住宅

  • 壁面はコンクリートや合板を使用し、床にはフローリング、窓枠にはアルミサッシをはめた構造
  • 省エネルギーの観点からは好都合
  • 冷暖房が効きやすい
img

シックハウス症候群とは?

シックハウス症候群の原因

住宅の高気密化などが進み、化学物質による空気汚染が起こりやすくなっているほか、湿度が高いと細菌、カビ、ダニが繁殖しやすくなります。それだけではなく、一般的な石油ストーブやガスストーブからも一酸化炭素、二酸化炭素、窒素酸化物などの汚染物質が放出されます。たばこの煙にも有害な化学物質が含まれています。シックハウス症候群は、それらが原因で起こる症状です。
人に与える影響は個人差が大きく、同じ部屋にいるのに、全く影響を受けない人もいれば、敏感に反応してしまう人もいます。

家から離れると症状が消えますか?

シックハウス症候群の症状は、どのようなメカニズムで起こるのかまだ十分解明されていません。家や会社などの室内環境から離れると症状が軽くなったり消えたりするのに、同じところに戻ると同じ症状が起こるといった場合、室内環境に原因があるかもしれません。

シックハウス症候群にならないために

日常生活から改善しましょう

カビ・ダニ対策

カビ・ダニは、居住者の健康に大きな影響を与えることがあります。住宅環境、日常生活でカビ・ダニ発生の原因と思われる点を改善し、効果的なカビ・ダニ対策を講じる必要があります。カビ・ダニ対策では、湿度(空気中の水分)に気をつけることが大切です。湿度が高くなると、カビが繁殖しやすくなります。カビはダニの大好物ですし、カビそのものが真菌症、アレルギーなどの原因になります。逆に、乾燥しすぎると、のどの粘膜を傷つけ、風邪をひきやすくなります。そのため湿度は50%くらいに保つようにこころがけましょう。

快適で健康的な住宅をつくるにあたって

化学物質対策 ~話し合いは大切~

リフォームなどの前に、工務店や設計者と十分な話し合いを行い、自分の希望をしっかり伝えて材料選びを行うことが基本です。今は多くのメーカーがシックハウス対策をほどこした商品を扱っています。納得がいくまで調査し、建築業者などと、シックハウス対策がほどこされた建材や接着剤の使用について話し合うことが大切です。

img

シックハウス対策に関する取り組み

近年、各種法制度や業界の自主的な取り組みにより、室内における化学物質対策がすすめられています。

建築基準法による対策

居室内において化学物質(ホルムアルデヒド及びクロルピリホス)の発散による衛生上の支障がないよう建築材料及び換気設備の規制が導入されました(平成15年7月~)。

  1. ホルムアルデヒドに関する建材、換気設備の規制
    内装仕上げの制限・換気設備の義務付け・天井裏などの制限が定められました。例えば住宅の場合、換気回数0.5回/h以上の機械換気設備(いわゆる24時間換気システムなど)の設置が必要となりました。
  2. クロルピリホス対策
    しろあり駆除剤等に用いられていたクロルピリホスの使用を禁止しています。

JIS、JASにおけるホルムアルデヒドの等級制度

ホルムアルデヒドが放散する合板などの建材について、次のような基準が設けられています。住まいに使われている建材・施行材などを調べる目安にしてみましょう。
ホルムアルデヒドの放散量は、原則としてF☆☆☆☆、F☆☆☆、F☆☆、F☆(※1)で表されます(※2)。☆の数が多いほどホルムアルデヒドの放散量が少ないものになります。

※1)集成材(ひき板を接着剤で貼り合わせたも)の場合は、「F☆」を「F☆S」のように表記されます。

※2)ホルムアルデヒドに関する規制の対象外(安全なもの)とされている木材などの建材にはF☆☆☆☆などの表示がないものもあります。

  • お客様の声
  • 施工例
  • 新着の土地・売り土地情報
Page top
モバイル表示