withコロナ時代を生き抜くための不動産投資

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のために、生活が大きく変わってしまった人は多いことでしょう。今回はwithコロナ時代を生き抜くための、各不動産投資に対するメリット・デメリットを解説していきます。

withコロナ時代を生き抜くためのワンルーム投資のメリット・デメリット

ワンルーム投資は物件価格や表面利回りに目が行きがちですが、withコロナ時代にはワンルームマンションの管理状態に注目すべきです。ゴミステーションや階段、エレベーターなどの共用部が常にきれいになっていることは、そのマンションの付加価値を上げることにつながるからです。管理状態の良い物件は管理費が高い可能性があります。管理費が高ければワンルーム投資の利益を圧迫することは事実ですが、マンションがしっかりと管理されていれば、入居者も気持ちよく過ごしてくれるはずです。結果的に長期間入居をしてくれることとなり、入退去時の費用が少なくなります。そのため、管理をしっかりと任せられるようなワンルームマンションを購入することはメリットに繋がるといえます。その他にも、ワンルーム投資はさまざまな地域の物件を購入することによってリスクが分散できるという利点もあります。

しかし、ワンルーム投資は入居者が見つからない限り収入は0です。これまでは、都市部に近い立地の物件であればそのリスクは少なかったのですが、リモートワークが今以上に広がると人が地方へ移り住んでしまう可能性もあるため、物件購入の際は慎重に選ぶように心がけましょう。購入を検討している物件の近隣に同じような間取りのワンルームマンションが多く、入居率が低い地域は投資としての成功率は下がるため、避けたほうが無難です。

withコロナ時代を生き抜くための一棟ものの投資のメリット・デメリット

一棟ものの投資は今後、管理コストが上昇する恐れがあります。例えば、階段の手すりやエレベーターなど、共用部の清掃を徹底することが今以上に求められます。入居者に安心して住んでもらうために、月2回だった定期清掃が4回になるといった事態は充分に考えられます。

従来のアパート・マンションよりもメゾネットタイプがおすすめです。なぜなら、建物自体に共用部がないため、入居者同士の接触は入り口付近に限られるからです。生活のリズムが違えば、すれ違うことも皆無でしょうし、入居中の騒音トラブルも通常のアパートやマンションと比べると少ないことがメリットです。

withコロナ時代を生き抜くための駐車場、コインランドリー投資のメリット・デメリット

駐車場投資には、コインパーキング投資と月極駐車場投資の2つがあります。コインパーキングは駅の近くや繁華街でよく見かけますが、そのような土地は地価が高いのが一般的ですから、一から始める場合はおすすめしません。

それに加え、withコロナ時代には繁華街へ出かけるようなことが減ることも考えられます。月極駐車場の場合、住宅街で駐車場のニーズがあるような土地でしたら、平坦な土地を探し、地価と駐車料金が見合えば購入の検討をしてもいいでしょう。リモートワークが進んでいけば、地方に住む人が増えていく可能性もあります。リモートワークが普及した結果、人口が増えるような要素を持っているのであれば、月極駐車場のニーズも増えていると考えられます。

コインランドリー投資は洗濯機などの機器導入に約1300万円、給排水や内装工事費に約700万円かかります。withコロナ時代になり、店内にアルコール消毒を置いたり、テーブルや洗濯機や乾燥機のノブなどをきれいに拭いたりと、今まで以上に費用が掛かるようになっています。そのため、コインランドリー投資を一から始めるのであれば、他の不動産投資を始めるほう無難です。

withコロナ時代を生き抜くためのテナント、ホテル投資のメリット・デメリット

テナントやホテルの物件は居住用と比較すると、利回りが高いことがメリットです。コロナ禍でリモートワークをする会社が増えることで、オフィスを解約する会社が増えています。その結果、テナントは空室率が上がり、ホテルは稼働率が下がっていることから、テナント投資は避けたほうがいいでしょう。

withコロナ時代を生き抜くための不動産ファンドのメリット・デメリット

不動産ファンドは、言わば投資信託のようなものです。投資家から資金を集め、不動産投資会社が運用し、利益を分配していきます。不動産ファンドは低額から始められ、複数のファンドを購入することで、リスクが分散できることがメリットです。しかし、多くの投資家を集めるため、配当金を分配するなどの運営コストがかかることで利回りが低くなってしまうことがデメリットです。

不動産ファンドの件は、こちらに詳しく紹介していますので参考にして下さい。

withコロナ時代を生き抜くために分散を意識した不動産投資を

先行きが不透明な時代だからこそ、さまざまな投資に分散することが重要です。そのために本記事をぜひご活用ください。

関連記事