【2020年】愛知県内の各市町村路線価値上がり率TOP15

路線価とは、毎年7月1日に国税庁から発表される土地の価格のことです。
土地に面する道路ごとに価格が発表され、税金を計算する際の基準としてこの価格が使用されます。
また相続が発生した際の相続財産価格の計算に使われる相続税路線価もあり、こちらは実際の取引価格とは異なる点を理解しておきましょう。

この記事では、愛知県内の市町村ごとに路線価を調査し、令和元年度の路線価と比較して価格を上げている市町村をまとめてみました。
令和2年度の価格も合わせて記載しているので、土地購入や相続を検討している方は参考にしてみてくださいね。

愛知県内の各市町村の路線価を比べてみました

愛知県内の各市町村の路線価を調べた結果、次のようになりました。比較した地点は各市町村の役所・役場前の路線価です。また価格は1平方メートルあたりの相続税路線価です。

市町村 所在地 価格 前年対比
名古屋市 名古屋市中区三の丸3-1-1 670,000円 +8.06%
東郷町 愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1 70,000円 +7.69%
豊田市 豊田市西町3-60 185,000円 +5.71%
北名古屋市 北名古屋市西之保清水田15 105,000円 +5%
長久手市 長久手市岩作城の内60-1 105,000 +5%
知立市 知立市広見3-1 115,000円 +4.54%
一宮市 一宮市本町2-5-6 120,000円 +4.35%
安城市 安城市桜町18-23 125,000円 +4.17%
刈谷市 刈谷市東陽町1-1 140,000円 +3.7%
豊明市 豊明市新田町子持松1-1 95,000円 +2.15%
大府市 大府市中央町5-70 100,000円 +2.04%
瀬戸市 瀬戸市追分町64-1 54,000円 +1.89%
田原市 田原市田原町南番場30-1 62,000円 +1.64%
東浦町 知多郡東浦町大字緒川字政所20 66,000円 +1.53%
尾張旭市 尾張旭市東大道町原田2600-1 68,000円 +1.49%

子育てにおすすめの住みよい街【名古屋市】

名古屋市と言えば、東洋経済新報社が発表している「住みよさランキング」の2020年度版で全国14位にランクインした人気の街です。
名古屋駅周辺は交通網が充実しているため、車・電車・飛行機など様々な移動手段から自由に選べるのが特徴。
また市役所のある中区は名古屋市内でも都市部にあたり、学校や病院といった施設が豊富で子育てにおすすめのエリアとなっています。

豊かな自然と住環境が整う【東郷町】

東郷町は名古屋市と豊田市の間に位置する街で、ベッドタウンとしての宅地開発が進むエリアです。
ボートの全国大会の会場にも選ばれる「愛知池」や、プロゴルフトーナメントが開催される「名古屋ゴルフ倶楽部和合コース」など、自然豊かな施設が多いのも特徴。
コミュニティバスの発展や環境改善も進んでおり、住みやすい街として今後人気を集めていくことが予想されます。

世界的に有名なクルマの街【豊田市】

豊田市は愛知県内最大の面積を誇る街です。
トヨタ自動車をはじめとする自動車産業で栄えており、道路網が整備されているため有料道路や高速道路へのアクセスも簡単。
同じ豊田市内でも、都心部と郊外では雰囲気が異なるため、ライフスタイルに合わせた暮らし方を選べるのが魅力となっています。

まとめ

令和元年度の路線価から価格を大きく上げたのは名古屋市・東郷町・豊田市でした。
続く北名古屋市や長久手市も名古屋市に隣接する市となっており、名古屋を中心に愛知県内の路線価が高まっていることが分かります。
今後愛知県内で土地の購入を予定している方は、これらのデータも参考にしながら場所を比較してみてくださいね。