令和3年 名古屋市熱田区の路線価ランキング

令和3年の路線価が発表されました。今回は名古屋市熱田区における路線価が高かった場所をランキング形式にしています。また路線価、公示地価、基準地価のそれぞれの特徴を解説いたしました。路線価ランキングと合わせて確認してみてください。

路線価とは

路線価とは、道に面する標準的な宅地の1平方メートル当たりの価額ことで、毎年7月1日に国税庁が発表します。相続税や固定資産税、都市計画税の税額を計算するときの標準的な金額となります。あくまで税金をかけるときの基準となる価格であって、この価格で取引しなさいという価格ではありません。実際の取引価格は、この路線価を倍以上上回ることもあります。(もちろん、逆に下回ることもあります)

路線価は、一般的に「栄えている」と見られる都市の中心部に設定されており、日本中全ての道路に路線価が設定されているわけではありません。路線価の設定されていない地域では、土地の利用用途ごとに定められた固定資産税の標準額に対して、その何倍とする、という方法で評価額が決まります。評価倍率は地域によって異なります。これらの地域のことを「倍率地域」と呼ぶこともあります。

公示地価と基準地価との違いとは?

公示地価と基準地価も路線価同様、土地の地価を表す言葉ではありますが、以下のように異なります。

路線価公示地価基準地価
調査主体国税庁国土交通省都道府県
調査地点数約33万6000約2万6000約2万2000
調査時点1月1日1月1日7月1日
特徴相続税や贈与税の算定基準になる土地取引や金融機関の担保評価に活用土地取引の指標(都市計画区域外も対象)

公示地価は国土交通省が毎年3月に公表する、その年1月1日時点における全国2万6千カ所にある標準値の土地を公示するものです。土地の用途を「住宅地」「商業地」「工業地」と分けて発表しており、一般の土地の取引、金融機関の担保評価、企業が保有する土地の時価評価の基準・指標となります。

基準地価とは各都道府県が主体となり、毎月7月1日の評価が9月20日前後に公表される「年やそれ以外を含む土地」の1平方メートルあたりの価格のこと。評価方法は公示地価とほぼ同じではありますが、林地といった都市計画区域外も評価する、公示地価では2人以上の不動産鑑定士を担当するのに対し1人以上で良いといった点が異なります。

3月に公示地価が公表、半年後の9月には基準地価が発表されることもあり、公示地価と基準地価を比較することにより、半年単位での土地の価格推移を把握することも可能です。

公示地価と基準地価が標準地(基準値)として選定された土地の価格であるのに対し、路線価は面する道路ごとに設定された土地の価格を表すというのが大きな違いです。

路線価と公示地価は連動しており、一般的に公示地価の8割程度が路線価として設定されています。

熱田区の路線価ランキング

2021年7月1日公表分の路線価において、名古屋市熱田区で最も高かった上位10カ所は以下となりました。

順位場所路線価(円/平方メートル)
1名古屋市熱田区金山町1丁目3番(JR、名鉄、市営金山駅)付近1,610,000円
2名古屋市熱田区金山町1丁目7番(JR、名鉄、市営金山駅)付近740,000円
3名古屋市熱田区金山町1丁目13番(沢上交差点)付近620,000円
4名古屋市熱田区新尾頭3丁目1番(新尾頭交差点)付近380,000円
5名古屋市熱田区新宮1丁目1番(名鉄神宮駅)付近340,000円
6名古屋市熱田区神宮2丁目6番(伝馬町交差点付近)310,000円
7名古屋市外土居町1丁目21番(熱田消防署)近く280,000円
8名古屋市熱田区尾頭町3-24(西高蔵交差点)付近250,000円
9名古屋市熱田区大宝3丁目1番(名港線 日比谷駅)付近230,000円
名古屋市熱田区六番3丁目1番(名港線 六番町駅)付近230,000円

※2021年7月1日公表分より 地域内の主要と思われる路線について調べています。極めて細い路地、道路については省略しています。

まとめ

名古屋市熱田区では金山駅、新宮駅、日比谷駅、六番町駅などの路線価が高い傾向にあります。金山駅は愛知県内では名古屋駅に次ぐターミナル駅となっていることもあり、地域の中でも頭ひとつ抜けたエリアです。そのあとには、熱田神宮がある神宮駅などが人気が高くなっているようです。

関連記事

路線価記事一覧

https://www.toshinjyuken.co.jp/aichi_nagoya/?s=%E8%B7%AF%E7%B7%9A%E4%BE%A1

岡崎市稲熊町
3,180万円
長久手古戦場
3,130万円
中村区岩塚
2,880万円
東海市荒尾町北遠鐘
3,180万円