【株主優待】レジャー・外食の優待がある株!

コロナ禍の緊急事態宣言、まん延防止等重点措置による外出制限でテーマパークなどのレジャー産業、飲食店を営む外食産業は業績が悪化し、株価が低迷しています。不採算店舗の撤退や業態変更を模索して企業努力が続く中、今後は新型コロナウイルス感染症のワクチン接種も進み徐々に外出制限が緩和されていけば業績は上向いていくことが期待できます。

株価が低迷している今だからこそ、レジャー・外食産業の株を買って応援しながら株価の値上がりを期待しつつ株主優待で楽しむ、お得にサービスを受ける、というのも投資の選択肢です。この記事ではレジャー産業、外食産業で株主優待が魅力的な株をご紹介します。(記事内の株価は2021年6月25日の株価で算出しています。) 

株主優待がうれしいレジャー産業株

コロナ禍では長らくイベントが開催できなかったり、テーマパークを閉演していたりした企業も営業時間の短縮や入場者数の制限をしながら営業を再開しています。魅力的な株主優待があるレジャー産業株の一部をご紹介します。

エイベックス 

音楽ファンならチェックしておきたいエンターテイメント企業です。a-nationチケット優先予約および割引、(株主限定)スマプラミュージック/スマプラムービー視聴権、定時株主総会終了後のイベント招待など株主限定のチケット優先予約や割引、イベント参加が魅力です。

2020年3月に851円だった株価は2021年5月には1,507円まで回復しました。2006年の3,400円だった時期には遠く及びませんが回復基調にあると言えそうです。

エイベックスの株主優待

a-nationチケット優先予約および割引

スマプラミュージック/スマプラムービー無料視聴

定時株主総会終了後のイベント招待

オリエンタルランド

次はディズニーランド、ディズニーシーを運営しているオリエンタルランドです。株主優待はディズニーランドまたはディズニーシーで使える1デーパスポートが貰えます。長期保有者向けには特別なパスポート、2023年9月の40周年1デーパスポートがもらえます。 

2020年3月に13,820円だった株価も2021年2月には過去最高値17,840円を記録。5月の時点で16,310円です。コロナ以前の水準に戻る傾向にあります。 

オリエンタルランドの株主優待

1デーパスポート

40周年 1デーパスポート(2023年9月のみ)※長期保有向け

お得に美味しい株主優待!外食産業の株

外食産業はコロナ禍において営業時間の短縮や入店者数の制限、営業自粛をしながらの運営を余儀なくされました。テイクアウトやデリバリーに活路を見出している企業もあります。株主優待では食事券やクーポン券を提供している企業が多く、近くに店舗があればとても便利でお得です。

すかいらーくホールディングス

「ガスト」「ジョナサン」「バーミヤン」などのファミリーレストランを全国展開しています。500円単位で使えるカード型の優待券を株数に応じて金額でもらえます。

すかいらーくホールディングスは2020年の通期で営業利益がマイナスとなり、2019年の11月には2,188円を記録した株価も2020年3月に1,602円、同年7月には1,465円まで下落しました。1,700円台まで回復したものの2021年は下落傾向です。今後の回復が期待されます。

すかいらーくホールディングスの株主優待

株主優待カード

サイゼリヤ

品質とリーズナブルな価格のイタリアンで有名なサイゼリヤ。美味しくて安いという評判は消費者にも浸透しています。サイゼリヤの株主優待は長期保有者向けの食事券です。

サイゼリヤの株価は2017年の12月に3,770円を記録。その後は2020年の7月に1,641円になり底を打ちました。回復してきていますがまだ道半ば。2021の通期で営業利益がマイナスとなる見込みです。

サイゼリヤの株主優待

食事券 (長期保有者向け)

まとめ

レジャー産業からエイベックスとオリエンタルランド、外食産業からすかいらーくホールディングスとサイゼリヤの株式優待の内容と株価の状況を解説しました。コロナ禍を乗り切る努力をしている企業は今後の株価の回復が期待できることでしょう。株主優待の内容もあわせて吟味して株主となって応援してみてはいかがでしょうか。この記事を参考にしてみてください。

岡崎市稲熊町
3,180万円
長久手古戦場
3,130万円
中村区岩塚
2,880万円
東海市荒尾町北遠鐘
3,180万円