【名古屋から5時間】GoToトラベル『グルメ旅』におすすめの行き先6選!

Go To トラベルキャンペーンが始まり、感染予防を徹底しながらではありますが、お得に旅を楽しめるようになりました。

名古屋からの旅行も35%の割引が適用されますし、9月以降は15%分の旅先で使えるクーポンももらえ、一泊につき2万円を上限として半額相当分の補助が出ることになります(令和2年7月28日現在の情報)。

せっかくキャンペーンを使うなら、普段あまり行くことのない遠方に足を向けるのもいいのでは?

ここでは名古屋市内から約5時間程度の、特別な味に出会える旅先を紹介します。

四季折々の海鮮!海の幸を楽しむならここ!

日本は海に囲まれていて、年中海の幸を楽しむことができます。

しかも海辺ならどこでも同じものがあるというわけでなく、地域や漁港によって特色がありますので、同じ季節でも行く方面を変えれば趣の違う海鮮に出会えますよ。

今回は夏に味わえる海の幸を集めてみました。

日本海山陰・香住でイカに舌鼓!

冬は言うまでもなくカニで知られる山陰地方。兵庫県の城崎温泉から鳥取方面に向かう途中に、香美町香住があります。

香住の夏はなんといってもイカ。特にこの地方で「白イカ」と呼ばれている剣先イカは、現地で食べたいもののひとつ。

その新鮮さゆえのコリコリとした食感は漁港から近いからこそ味わえるものです。

白イカは他のイカよりも甘みがあるのが特徴で、お造りはもちろん焼いても揚げても独特の風味が残ります。

名古屋からは京都か姫路を経由してJR特急に乗り換える必要があり、長い休みを利用するなら京都や神戸で一泊することも可能。

普段は時間もお金もかかる旅先ですが、キャンペーンを利用することでかなりお得になりそうです。

名古屋から香住まで

利用できる交通機関 新幹線~JR特急 JR在来線~JR特急
名古屋市からの所要時間 約4時間40分 約5時間40分
通常の交通費(片道) 約11,000円 約8,000円
※乗換駅や接続時間により所要時間・交通費が大幅に変わる場合があります。

漁獲量全国1位!長崎のアジ

長崎県HP(https://www.pref.nagasaki.jp/tisan/recipe/use/detail.php?id=11)より

三方を海で囲まれた長崎では四季を通じてたくさんの種類の魚が獲れますが、中でもアジは全国1位の漁獲量を誇る長崎のメインフィッシュ。

五島灘、対馬海流で育ったアジは脂が乗っている上に身が引き締まっているのでやはりお造りやたたきで食べたいものです。

アジのたたき、お造りは漁港に近ければ近いほど新鮮なものがいただけます。これは現地に行って食べるのが一番!

長崎には佐世保バーガーや長崎ちゃんぽんなど他にも名物がたくさんあり、キャンペーンを利用した2泊以上の旅行でいろいろなものを食べたいですね。

名古屋から長崎市まで

利用できる交通機関 新幹線(博多乗換)~JR特急かもめ 新幹線(博多乗換)~高速バス
名古屋市からの所要時間 約5時間45分 約6時間10分
通常の交通費(片道) 20,670円 20,450円

リーズナブルに牛肉を食す!

国内にはたくさんの銘柄牛があります。

銘柄牛というと高価でなかなか気軽に食べに行くという訳にはいきませんよね。

しかし産地まで足を運ぶことで比較的安価な店を発見できますので、Go Toトラベルキャンペーンを利用して旅費の割引を受け、その分銘柄牛を思う存分堪能してはいかがでしょうか?

今回は松阪牛や飛騨牛など名古屋市民にとって身近な銘柄牛ではなく、キャンペーン利用だからこそ行ける、遠方の銘柄牛産地を紹介します。

キャンペーンの恩恵を最大限に受けて食す!宮城の栗駒高原牛

宮城県観光連盟HP(https://www.miyagi-kankou.or.jp/kakikomi/detail.php?id=6003)より

宮城県栗駒山は国が指定した景勝地である国定公園であり、その麓もまた豊かな自然に恵まれています。

栗駒山の麓、栗駒高原で育てられている栗駒高原牛は宮城県を代表する銘柄牛。子牛は宮城県もうひとつの銘柄牛「仙台牛」として飼育に出されるほど評価の高い牛です。

大自然の中でのびのびと育ち、やわらかくとろけるような味わいが特徴。

栗駒のある栗原市内には、栗駒高原牛をリーズナブルに食べられる飲食店がいくつもあり、ステーキから牛丼まで、様々な価格帯で楽しむことができます。

宿泊施設の多い「くりこま温泉郷」にも近く、まさにキャンペーンの旨みを堪能できる旅先となるでしょう。

名古屋からくりこま高原まで

利用できる交通機関 新幹線(東京乗換)~新幹線やまびこ
名古屋市からの所要時間 約4時間15分
通常の交通費(片道) 20,230円

4ブランド楽しめる!島根で銘柄牛ツアー

日本海に面した島根県では、銘柄牛の畜産も盛んです。県内だけで4つの銘柄牛が育てられているのです。

いずも和牛、しまね和牛肉、隠岐牛、松永牛の4ブランドで、全て黒毛和種。

県内ではステーキ、焼肉、バーガーまで、いろいろな食べ方ができます。

せっかくキャンペーンを利用するなら、4ブランドすべてを楽しむ贅沢旅行を企画してはいかがでしょうか?

県内はバスや私鉄が便利に走っていますので、交通拠点である県庁所在地の松江市内に宿泊するのがオススメです。

名古屋から松江まで

利用できる交通機関 新幹線(岡山乗換)~特急やくも 新幹線(岡山乗換)~高速バス
名古屋市からの所要時間 約4時間半 約5時間
通常の交通費(片道) 14,180円 14,450円

これぞローカルフード!B級ご当地グルメで土地を知る

「B級グルメ」とは安価で庶民的な美味しい料理を指しますが、中でも「B級ご当地グルメ」は町おこしや話題作りに積極的に使われる言葉です。

自治体をあげてB級ご当地グルメの開発に取り組んでいる地域もあり、そのレベルはどんどん上がっているようです。

地元の特産品で作られるB級ご当地グルメ。安価なので胃袋が許す限り何食でも食べられそう!

名古屋から離れて食べる、まさにその土地でしか味わえないB級ご当地グルメを紹介します。

トルコ生まれ柏崎育ち!サバサンド

新潟県柏崎市で人気のB級グルメ、サバサンド。

パンにサバの唐揚げを挟んだものですが、実はトルコ料理なんです。

なぜトルコのサバサンドが柏崎のB級グルメになったのでしょう。

柏崎トルコ友好協会という団体があり、この団体主催で行われた第一回トルコ旅行の参加者が帰国した時に当地のサバサンドを紹介したのが始まりと言われています。

トルコのサバサンドは焼きサバを挟むのが一般的ですが、日本人向けに唐揚げにしたところ、これが大ヒット。

今ではすっかり柏崎の名物ご当地グルメになりました。

もちろん日本海の美味しい魚も食べられますので、ゆっくり泊まるには最適の旅先となりそうです。

名古屋から柏崎まで

利用できる交通機関 新幹線(東京乗換)~新幹線とき(長岡乗換)~JR
名古屋市からの所要時間 約4時間半
通常の交通費(片道) 17,930円

何枚でも食べられそう!松山でじゃこ天ざんまい

松山観光コンペンション協会HP(https://www.mcvb.jp/kankou/detail.php?sid=279&cid=1)より

じゃこ天とは愛媛県内どこででも食べられる、魚のすり身を平たくして揚げたものです。

一般的なすり身の揚げ物と一味違うのは、愛媛のじゃこ天は魚の骨を残しているため「ジャリッ」という歯触りの食感になっているところです。

「じゃこ天」に使われている魚は主に宇和島の「ほたるじゃこ」で、地元では「はらんぼ」と呼ばれています。あまり県外には知られていないため、じゃこ天も独特の風味となっているのでしょう。食感だけでなく味も愛媛のじゃこ天でしか味わえないものです。

じゃこ天そのままでも美味しく、松山市内には販売店がとても多いのですが、最近では「じゃこ天カレー」や「じゃこ天うどん」「じゃこ天カツ」などじゃこ天を使ったアレンジメニューを出す店も増えています。

愛媛には見どころがたくさんありますので、1泊目は松山市、2泊目は宇和島、のようにゆっくり移動するのがオススメ。

名古屋から松山

利用できる交通機関 新幹線(岡山乗換)~特急しおかぜ 新幹線(岡山乗換)~高速バス
名古屋市からの所要時間 約4時間半 約5時間半
通常の交通費(片道) 15,100円 15,500円

まとめ

近鉄電車もJRも使える便利な名古屋市。旅行先も選択肢がたくさんあって選びきれないものですが、産地に食べに行くことを目的として探してみると、自分の好みにマッチした旅行先がすぐに見つかるかもしれません。

Go Toトラベルキャンペーンは1日の補助上限が2万円ですので、宿泊費を考えると片道の交通費が2万円程度までの場所が補助の上限を超えない旅行先になるのではと思われます。

実際は旅行会社や宿泊施設を通しての申し込みとなりますので、記事内の交通費は目安と考え、あくまでも全体の費用で比較・検討してください。

また、感染拡大防止策をしっかり取った上で旅行を楽しみましょう!

(旅行連絡会「新しい旅のエチケット」

https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001349264.pdf

名古屋から90分で行くグルメ旅はこちら

名古屋から3時間で行くグルメ旅はこちら