【2020年】愛知県内路線価ベスト20!

今年も例年通り、7月1日に国税庁から全国の路線価が発表されました。
税金を計算する際の基準として使用される路線価ですが、今年は全国的に上昇傾向にあるようです。
ただ今後は新型コロナウイルスの蔓延により価格が下落する可能性もあるので、タイミングを見計らいながら土地活用に取り組む必要があるでしょう。

この記事では、愛知県内でも特に価格の高いエリアの路線価と同エリアの前年対比をまとめてみました。
愛知県内で土地活用をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

愛知県内の地価を比べてみました

愛知県内で路線価の高いエリアをまとめた結果、次のようになりました。
ここでは地価公示地点の中でも住宅地用土地に限定してランキングを出しています。
また価格は1平方メートルあたりの相続税(路線価相続が発生時に相続財産価格を計算するための価格)です。

所在地 価格 前年対比
名古屋市中区栄2-6-17 1,050,000円 +9.38%
名古屋市中区丸の内3-8-1 720,000円 +14.29%
名古屋市中区栄5-1-20 660,000円 +20%
名古屋市東区白壁4丁目89番 500,000円 +4.17%
名古屋市東区泉1-5-26 470,000円 +17.5%
名古屋市東区橦木町3丁目4番 410,000円 +10.81%
名古屋市中区上前津2-12-9 400,000円 +14.29%
名古屋市東区白壁3丁目1819番 310,000円 +9.1%
名古屋市昭和区南山町23番12外 300,000円 ±0
名古屋市東区代官町27-30 295,000円 +5.36%
名古屋市中区正木1-9-2 285,000円 +16.32%
名古屋市東区 筒井10街区36 285,000円 +5.56%
名古屋市東区徳川町809番 285,000円 +3.64%
名古屋市千種区桐林町2丁目37番 285,000円 +1.79%
名古屋市熱田区波寄町14-4 265,000円 +6.25
名古屋市東区徳川町2609番1 235,000円 +4.45%
名古屋市千種区唐山町3丁目16番 235,000円 +2.17%
名古屋市千種区向陽町2丁目11番8外 230,000円 ±0
名古屋市千種区清住町2丁目38番1 225,000円 +4.65%
名古屋市名東区一社1丁目53番 205,000円 +5.13

上位3地区を独占!ファミリー層に人気の街【名古屋市・中区】

上位20地点は全て名古屋市という結果になりましたが、中でも上位を占めていたのが中区エリア。
中区の栄周辺は学校や病院、スーパーといった施設からファッション・グルメスポットまで豊富に揃っているため、子どもにも大人にも住みやすい街となっています。

8地区がランクイン!遊び場が豊富な街【名古屋市・東区】

中区に続いて高い路線価を記録したのが東区です。
東区は名古屋市内の中でも治安が良いエリアとして知られています。
名古屋ドーム・イオンモール・徳川園など幅広い層が楽しめる遊び場が揃っている他、都心部へのアクセスも簡単なため、お出かけ場所には困らない充実したエリアと言えるでしょう。

まとめ

令和2年度の路線価を見てみると、やはり愛知県内では名古屋市の路線価が最も高いという結果になりました。
特に中区や東区は前年度からの上がり率も高くなっており、人気のエリアであることが分かります。
愛知県内で土地の購入を予定している方は、名古屋市の価格や上がり率を参考にして比較してみると良いかもしれません。