【名古屋市・近郊】ちょっと変わった展示を楽しめる美術館・博物館を紹介

名古屋市近郊には「トヨタ博物館」や「あいち航空ミュージアム」など、ちょっと変わった展示を行っている美術館・博物館が点在しています。
この記事では、そんなユニークな美術館・博物館の中でも、あまり広く知られていない穴場的スポットをご紹介。
家族や友人グループでのお出かけにもおすすめのスポットなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

農業科学館

農業科学館では、稲作農業の歴史や知恵を学ぶための様々な展示が行われています。
稲作の作業工程を「耕す」「む」「植える」「除く」「刈る」「干す」「摺る・選ぶ」「搗く」の9コーナーに分け、それぞれの工程で使用されていた農具など約100点を展示。
世界の農業に関する映像を見ることができるエキジビットシアターや、世界の昆虫の標本が集められた昆虫標本室なども併設されています。

営業時間9:00~16:30
休館日毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)・年末年始
入館料無料
所在地名古屋市港区春田野二丁目3204 農業科学館2階
アクセス名古屋市バス「南陽支所」停留所から徒歩約5分
詳細URLhttp://bunkaen-todagawa.jp/bun1.html

貨幣・浮世絵ミュージアム(旧:三菱UFJ銀行貨幣資料館)

貨幣・浮世絵ミュージアムでは、3枚しか現存していない世界最大の金貨「天正沢瀉(おもだか)大判」や、古代中国の貝貨、古代ギリシャ・ローマの貨幣、エジプトの銀貨など様々な貨幣を常設展示。
以前は東区に資料館を構えていましたが、2021年11月29日(月)より、中区にある三菱UFJ銀行名古屋ビル内にリニューアルオープンすることとなっています。
リニューアルオープンの記念展として「保永堂版 東海道五拾三次展」の開催が予定されているので、歌川広重の作品に関心のある方はぜひ足を運んでみてください。

営業時間9:00~16:00
休館日毎週月曜日・祝日・年末年始
入館料無料
所在地名古屋市中区錦3-21-24 三菱UFJ銀行名古屋ビル1階
アクセス地下鉄東山線「伏見」駅より徒歩約6分
詳細URLhttps://www.bk.mufg.jp/currency_museum/index.html

リニア・鉄道館

リニア・鉄道館では「高速鉄道技術の進歩」をコンセプトに、蒸気機関車や新幹線、超電導リニアなど幅広い種類の電車を展示しています。
シミュレータやジオラマ、映像シアターといった展示コーナーの他、模型装置を使った体験コーナーも設置。
ミュージアムショップやデリカステーション(駅弁販売)もあるなど、1日かけて楽しめる施設となっています。

営業時間10:00~17:30
休館日毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)・年末年始
入館料大人1,000円・高校生以下500円・未就学児200円 ※団体割引・学校割引有り
所在地名古屋市港区金城ふ頭3-2-2
アクセスあおなみ線「金城ふ頭」駅より徒歩約2分
詳細URLhttps://museum.jr-central.co.jp/

徳川美術館

徳川美術館では、尾張徳川家に受け継がれてきた宝物の数々を所蔵・公開しています。
大名家伝来家宝のコレクションとしては日本最大級の規模を誇り、その数はなんと1万件にも及びます。
また昭和初期の代表的建築である本館や、名古屋城をモチーフにした新館など、美術館の外観デザインも見どころの1つです。

営業時間10:00~17:00
休館日毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)・年末年始(2021年度は12月13日(月)~2022年1月3日(月)まで)
入館料大人1,400円・大学生以下700円・中学生以下500円 ※団体割引有り
所在地名古屋市東区徳川町1017
アクセス地下鉄名城線「大曽根」駅より徒歩約15分
詳細URLhttps://www.tokugawa-art-museum.jp/

名古屋市秀吉清正記念館

名古屋市秀吉清正記念館は、豊臣秀吉と加藤清正に関する資料を所蔵・公開している歴史博物館です。
常設展示にて2人の武将の事績を紹介している他、特別展示として「ねねと秀吉の遺宝 -近江木下家資料-」(2021年10月9日(土)から12月5日(日))も開催中。
記念館のある中村公園周辺には、2人の生誕地碑をはじめ、豊国神社・妙行寺など多くの史跡も残っているので、合わせて歴史散策をしてみるのもおすすめです。

営業時間9:30~17:00
休館日毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)・第4火曜日(祝日を除く)・年末年始
入館料無料
所在地名古屋市中村区中村町茶ノ木25
アクセス地下鉄東山線「中村公園」駅より徒歩約10分
詳細URLhttps://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/19-15-2-5-0-0-0-0-0-0.html

レトロでんしゃ館(名古屋市 市電・地下鉄保存館)

レトロでんしゃ館では、名古屋市内を走っていた代表的な市電3両と、地下鉄開業時に走っていた100形車両2両と台車を展示。
地下鉄トンネルのシールド工事を学べる体験学習模型や、鉄道模型ジオラマ、運転を楽しめる体験コーナーなども用意されています。
なお現在は新型コロナウイルス感染対策として、電話(052-807-7587)による事前予約が必要です。

営業時間10:00~16:00
休館日毎週水曜日(祝日の場合は翌平日)・年末年始
入館料無料
所在地日進市浅田町笹原30 名古屋市交通局日進工場北側
アクセス地下鉄鶴舞線「赤池」駅より徒歩約7分
詳細URLhttps://www.kotsu.city.nagoya.jp/jp/pc/ENJOY/TRP0000498.htm

まとめ

農業や貨幣、乗り物など、様々なジャンルに特化した美術館・博物館をご紹介しました。
なお新型コロナウイルスの感染状況によっては、一時的に営業時間が変更となったり、休館となったりする可能性があります。
お出かけの際は事前に公式サイトなどで営業状況を確認のうえ、マスク着用・手指消毒といった感染対策を実施しながら館内の見学をお楽しみください。

岡崎市稲熊町
3,180万円
長久手古戦場
3,130万円
中村区岩塚
2,880万円
東海市荒尾町北遠鐘
3,180万円