定期借地権とは

定期借地権とは

定期借地権とは、借地借家法により規定される借地権(他人の土地を借りて自己所有の建物を建てられる権利)です。通常の借地権は建物が土地の上に存在している場合、契約は更新されることが原則となっているなど、借主にとって有利な扱いとなっています。

ところが、定期借地権においてはそれらの規定を排除することが認められており、通常の賃借権に比べて借主にとって不利な一面があります。しかしながら、定期借地権は利用次第で借主にとって有利となる借地権です。

定期借地権の種類

定期借地権は合計で3種類存在します。3種類の定期借地権はそれぞれ異なる特徴を持っていて、目的に合わせてどの定期借地権を利用するかよく考える必要があります。定期借地権を目的に応じて使い分けるためにも、それぞれの特徴についてもよく理解しておきましょう。

定期借地権の種類

一般定期借地権

一般定期借地権とは50年以上もの長期間にわたり、土地を利用することのできる借地権です。契約の更新や延長、建物の買い取り請求権がなく、契約の終了時には土地を更地に戻したうえで、貸主へ返還しなければなりません。

契約の延長や更新はないものの、新たに一般定期借地権を結びなおすことは可能となっています。一般定期借地権には利用目的の制限が存在しません。そのため、事業用や居住用など、建物の使用目的に左右されずに利用することができます。

重要な注意点として、一般定期借地権は書面によって契約しなければならないという点があります。書面によらず契約した一般定期借地権の契約は無効となります。通常の賃借権の契約は口頭でも有効であるため、その違いについて比較して覚えておいてください。

事業用定期借地権

専ら事業の用に供する建物の所有を目的とする借地権です。事業の用に供する目的に限られるため、居住用の建物を所有する目的には使用することができません。また、一般定期借地権と異なり、公正証書によって契約しなければなりません。公正証書によらずにした契約は無効となります。

存続期間は10年以上50年未満の期間となります。その中でも存続期間が10年以上30年未満の場合と30年以上50年未満の場合で内容が少々異なります。

10年以上30年未満の存続期間を定めた場合

存続期間を10年以上30年未満と定めて契約した場合、一般の定期借地権同様に契約の更新や建物買い取り請求権がなく、契約の終了時には土地を更地にして返還しなければなりません。

30年以上50年未満の存続期間を定めた場合

こちらの場合は10年以上30年未満の期間を定めて契約した場合と異なり、契約の更新と建物買い取り請求権が存在します。これらの規定を排除するためにはそれを認めないという特約を付する必要があります。

建物譲渡特約付借地権

建物譲渡特約付借地権とは、契約の期間が満了した際、土地の上に存在する建物を貸主に売却するという特約の付された借地権です。契約の期間が満了した時点で当然に借地権が消滅し、それと同時に建物の所有権が貸主へ移転します。

ところが、賃借人が引き続き建物の使用を請求した場合、今度は建物の賃借人として保護されることとなります。この場合、賃借人から請求のあった時点で、建物について期間の定めのない賃貸借契約が成立したものとみなされます。

建物譲渡特約付借地権には使用目的による制限はありませんが、公正証書によって契約をしなければ成立しないことに注意してください。公正証書以外の書面や、口頭での契約では成立しません。

定期借地権のポイント

土地オーナー様のお悩みは、税金の支払いが苦しかったり、土地の維持管理が大変だったり、という不安、運用収入に変動がありそう・・・などたくさんあると思います。借地の窓口は、そんな悩みを定期借地権による土地活用で全て解決することができます。

ポイント1 無借金で資金リスクなし

メリット

借地なら借金なしで土地活用ができるため、資金のリスクがありません。

ポイント2 安定収入

メリット

借地なら収入の変動リスクが低く、長期に渡り安定した収入があります。

ポイント3 相続税対策

メリット

借地なら相続税評価額が最大45%評価減になります。

ポイント4 固定資産税対策

メリット

借地なら固定資産税が1/6に軽減されます。

ポイント5 都市計画税対策

メリット

借地なら都市計画税が1/3に軽減されます。

ポイント6 地格の向上

メリット

借地なら住環境豊かな町並みが形成され地格が上がります。

ポイント7 土地の維持管理が不要

メリット

借地なら草刈など、土地の維持管理が不要になります。

ポイント8 土地返還の心配無用

メリット

借地なら期間終了後、確実に更地で土地が返ってきます。必ず貸した土地は返ってきます。

ポイント9 保証金の活用

メリット

借地なら保証金は将来返還しますが、それまでの運用益はオーナー様のものです。

定期借地権の仕組み

(借地借家法第4節22条に基づく)

土地オーナー様が安心して土地を借地できる仕組みです。

定期借地権の重要な3つの特徴

※下記1~3の特約を公正証書等の書面で契約します。

契約の更新がありません

借地権なら決められた期間しか貸さないから安心です!

建物の再築に伴う存続期間の延長がありません

借地権なら建物を再築した場合の期間延長も心配もない!

建物の買取請求権ができません

借地権なら建物を買い取る必要がありません!

契約期間が終わったら

借主が「建物を取り壊し更地にして返還」します

借地権なら更地返還になり安心です。

借地の存続期間

契約期間は50年以上となります(一般定期借地権)

借地権なら50年間、安定した土地活用ができます。

定期借地権は、平成4年8月に施行された「借地借家法」により誕生しました。当初に定められる契約期間で借地関係が終了し、その後の更新はありません。この制度によって地主様は、安心して土地を貸せるようになり、保証金と毎月の地代を得ることができます。一方、借主、つまりマイホームの購入者は、土地を購入する必要がないため、少ない負担でマイホームを取得することができ、地主様、借主様双方にメリットを生む合理的なしくみと言えます。地主様の「節税効果」、「相続税対策」としてもメリットのある方法です。

求む!借地

東新住建では、長期で土地を貸していただける借地を募集しています。
どんな状態の借地でも、お気軽にお問合せ下さい。

  • 住宅地でもお借りします
  • 50坪から募集しています
  • 無料査定
  • 無料相談
東京都(町田市・八王子市・小平市・多摩市・狛江市・稲城市・府中市・調布市・国立市・日野市・清瀬市・東久留米市・東村山市)・神奈川県(相模原市・横浜市・大和市・厚木市・座間市・綾瀬市・川崎市・大和市・綾瀬市・横浜市・瀬谷区・座間市)・千葉県・埼玉県・愛知県(名古屋市・一宮市・瀬戸市・春日井市・犬山市・江南市・小牧市・稲沢市・尾張旭市・岩倉市・豊明市・日進市・清須市・北名古屋市・長久手市・豊山町・大口町・あま市・大治町・蟹江町・半田市・常滑市・東海市・大府市・知多市・阿久比町・東浦町・岡崎市・碧南市・刈谷市・豊田市・安城市・西尾市)・岐阜県(岐阜市)
借地権付き住宅施工実績
土地オーナー様の声
土地オーナー様からの相談事例
関東圏地代シミュレーション
借地代査定無料・カウンセリング無料
資料請求・お問合せ
メゾネット賃貸住宅『ザ・借家』
お寺の借地サポート
Page top