ホーム > 企業情報 > 新着情報 > 東新住建が(株)ヒトメディアとIoT関連ベンチャーへの事業投資を担う合弁会社を設立しました。

企業情報

新着情報

東新住建が(株)ヒトメディアとIoT関連ベンチャーへの事業投資を担う合弁会社を設立しました。

2017.04.28 リリース

このたび東新住建と教育・IT企業の(株)ヒトメディアが

合弁会社「デジタルカーペット株式会社」を設立しました。

この会社はスマートハウスやIoT関連ベンチャーへの投資事業を行うことを目的としています。

投資第一号案件として、三浦謙太郎(元SONY)が立ち上げた

「DouZen,Inc.DOUZen」への投資を行いました。

こちらの会社はIot機器の「Hale Orb」というツールを開発しており、家族のメンバーが

フェイスブック、インスタグラム、ライン、ドロップボックスにアップした写真を

1つの場所にまとめ簡単に楽しめる次世代ツールです。

アメリカにて2017年年末を予定しております。

これから東新住建の40年の建築実績を生かした住まいにまつわるIoTツールを

投資会社を通して開発していきます。

Image2

Image3