ページトップへ
経済性:<br>負担を軽減する仕組み

暮らしを支える7つの安心

経済性:負担を軽減する仕組み

新居で心豊かに過ごしていただくために

様々な夢を思い描きながら新居の計画を考えるのは楽しいものです。一方で頭が痛いのは、予算の問題。無理して過大なローンを組んでしまうと、入居してから月々の返済に汲々とする状態になるかもしれません。せっかく素敵な家を手に入れても、そこからガマンの日々が始まるようでは本末転倒と言えるでしょう。

東新住建は、戸建てでもアパートでも「建てた方が楽しく豊かに暮らしていただけるようにしたい」と願ってきました。そのために避けて通れないのがお金の話です。東新住建は、お客様の経済的な負担を少しでも軽くできるようにと工夫を重ねています。

 

 

 

自社生産で建設費を低く

まず重要なのは、建物の工事費を低減して新居購入にかかる費用を少しでも少なくすることです。ただし、安易に安い素材を使うと必要な性能が落ちたりメンテナンスに余分のお金がかかったりする可能性が出てきます。コストダウンと安心を両立させるには、より抜本的な方策が欠かせません。

そこで東新住建が取り組んできたのが、自社工場をもつことによるコストの低減です。自社の工場を構えるには相応の投資が必要ですが、急増する建設ニーズに対して安定的に対応できる生産体制を整えるメリットを重視したのです。ツーバイ工法の採用から9年後の1998年にツーバイパネルを生産する自社工場を立ち上げ、2005年には中国・上海にタイル工場を建設しました。

自社工場では、施工方法を検証してより合理的な家づくりを図る工夫を重ねてきました。自社で行う適切な品質管理は、より効率的な生産を可能にします。これらの総合的な取り組みを工期の短縮へと結び付け、安心を伴ったコストダウンを実現しています。

   

  ツーバイパネルを自社生産、稲沢工場を立ち上げ   タイルパネルを生産、中国・上海にも工場を建設   新聞

 



10kWの発電収入で生活にゆとりを

もう1つ大切なのは、お客様が新居で暮らし始めてからの生活費を軽減することです。東新住建は、10kWの太陽光発電に着目しました。

住宅に太陽光パネルを載せる場合、屋根形状の制約などから3?5kW程度に限定されるのが一般的です。これに対して東新住建は10kWのパネルを載せられる片流れ屋根「ビッグルーフ」を開発し、2015年に「発電シェルターハウス」として市場投入しました。10kW以上の太陽光発電は産業用とみなされ発電した全量を売電できるため、一般家庭用の太陽光発電に比べて長期的に安定した売電収入を見込めるなど大きなメリットを持っています。その収入をローンの返済に充てるのもよし、外食や旅行などの支出に使うのもよし。太陽光が、日々の生活にちょっとしたゆとりをもたらしてくれます。

発電シェルターハウスについて詳しく

お金の心配は、将来的な生活の不安へとつながります。安心して暮らしを楽しんでいただくために、東新住建は家づくりの視点からお客様の生活を応援します。

  10kWの発電収入で生活にゆとりを

 

10kW太陽光パネル   安定した収入を 長期間確保できます   産業用に比べて 売電収入は不安定に

 

心豊かな生活は経済的な安心から。