ページトップへ

企業情報

概要・沿革

東新住建について

 

私たちの思い

本当に欲しいものをカタチにする、家づくり

家づくりに、決まったカタチはありません。
10家族あれば、10種類のライフスタイルがあります。
住む人が、どんなに素敵な暮らしを思い描いても、造る側に応える能力がなければ意味がありません。
東新住建には、それがあります。
設計家の感性が光るデザイナー住宅から資産価値の高い分譲住宅まで、常に家族の夢を叶える家づくりを考えてきました。
どこにも負けない安全性能、安心性能、快適性能。
その上に築いたデザイン力。
東新住建は住まいに寄せる、家族それぞれのライフスタイルの夢を実現するため、そのすべての力を注ぎ込みます。

  本当に欲しいものをカタチにする、家づくり

 

常に家族の夢を叶える家づくりを考えてきました   東新住宅

 

 


 

概要

社名 東新住建株式会社
所在地 〒492-8628 愛知県稲沢市高御堂一丁目3-18(稲沢本店)
地図を見る
設立 1976年(昭和51年)7月20日
資本金 8,000万円
代表者 代表取締役社長 辻 明典
登録 宅地建物取引業免許:国土交通大臣(2)第7873号
特定建設業許可:愛知県知事許可(特-29)第61271号
(公社)愛知県宅地建物取引業協会会員
東海不動産公正取引協議会加盟
 

代表取締役社長 辻 明典

 

 


 

沿革

1976年 木の会社「東新住建」創業
1991年 木造メゾネットマンション「DUP(デュープ)」を開発
現在の新社屋を建設
木造ツーバイ工法、外壁タイルの研究開始
1994年 メゾネット賃貸「ザ・借家」を開発
1995年 可変型分譲住宅「プラスYOU」を開発
1998年 2×4工法の自社パネル工場を開設
東京営業所を開設
株式を店頭公開(ジャスダック)
1999年 ゼロ・エネルギー自然換気システム「BBD」を開発(特許取得)
2000年 国内初・太陽光発電付き住宅の研究開発を開始
砕石パネル工法の前身「安心造工法」の研究開発を開始
2001年 地震の揺れを抑制する「TF制振装置」を開発
2004年 中国・上海に自社タイルパネル工場を開設
2005年 愛知万博瀬戸会場に「ウェルカムハウス」を建設
日本初の戸建てゲートタウン「マザーヴィレッジ岐阜」を開発
2008年 耐震性を高めた「4.3倍ツーバイ工法」を開発
2009年 液状化に強い地盤改良法「砕石パネル工法」の施工開始
2010年 太陽光発電モデルハウスを建設
2015年 大容量発電住宅「発電シェルターハウス」を開発
2017年 「ALCコンクリート発電シェルターハウス」を開発
ギャラリー開設