構造への取り組み

1976年

東新住建が誕生したころの家づくりは...

日本伝統の家づくりである木造軸組工法が基本。
主に柱や梁といった軸組で支える設計自由度が高めの工法でした。
その中で常に、地震に強い木造建築の可能性を模索していました。

木造軸組工法は、熟練の大工さんがその経験と技術で手間暇をかけてつくる昔ながらの工法です。

img

1989年

アメリカ視察に出かけた創業者は驚きました。

海外で建築構造の主流だった2×4工法(木造枠組壁工法)の強さに心を奪われました。

img
img

地震国・日本にこそこの工法が必要だ!

アメリカから2×4工法による住宅建築技術者を呼び寄せて導入を開始しました。

このころ、日本でのツーバイ工法による住宅シェアは5%に満たないほど。年間5万棟程度でした。その後、阪神・淡路大震災をきっかけに大きく伸びることになります。

img
img
img

1991年

お客さまの家を作る前に、まず自社社屋をツーバイ工法で建設。

技術を磨くと同時にその強さを確かめることにしました。

愛知県稲沢市高御堂にある東新住建の本社は木造ツーバイ工法でつくられています。いわば本社そのものが構造展示場のような役割を果たしています。

img
img
img

1994年

単に2×4工法を取り入れるだけでなく軸組工法での耐震技術開発にも着手し独自の「SP工法」を生み出しました。

家の強度を向上させ、もっと地震に強い家をつくるための技術です。

img

SP工法の実験風景

img

SP工法の大火打ち構造

img

1995年

阪神・淡路大震災。

倒壊する街のなかで、2×4工法はいくつもの尊い命を救いました。

同じ年、SP工法は耐震強化性能を認められ木造住宅協会の合理化認定を受けました。

img

1998年

自社パネル工場を建設し責任を持って施工できる体制を整えました。

さらに独自の構造材やパネル自体の開発にも取り組んでいきました。

img
img
img

2000年

強いだけの家は地震に耐えることができません。柔軟性が必要です。

そこで免震構造を研究しTF制振装置を共同開発しました。

TF制振装置は、地震の揺れを効果的に吸収するオイルダンパーシステムです。東新住宅独自の木造住宅起振実験により、「耐震工法+TF制振装置」の組み合わせが従来工法に比べ、振動率を最大55%低減するなど(グラフ参照)大地震に対して優れた効果をもたらすことを確認しました。

img

TF制振装置

img

TF制振装置の実験

img
img

2002年

壁面に耐力面材を使ったSP工法DiOを開発。

構造躯体の耐震性を向上させました。

SP工法をさらに進化させたSP工法Dioは、2004年に木造住宅合理化システム次世代耐用性能タイプの認定を受けました。

img
img

2008年

さらに独自の「4.3倍ツーバイ工法」を開発。

従来の工法よりも耐震性能を40%高めました。すぐれた技術がみとめられ国土交通省大臣認定を取得しました。

img

壁の強さは「壁量」で表されますが、従来の「壁量3.0倍」から「壁量4.3倍」にすることで1.4倍以上の耐力アップを実現しました。また釘頭面積1.85倍の高品質ステンレス釘の採用や釘ピッチを通常の100mmから70mmへ密にした点も耐震性能の向上に寄与しています。

img

4.3倍ツーバイ実験

img

4.3倍ツーバイ構造材

img
img

左が釘頭面積1.85倍の高品質釘。右は通常の釘

2012年

気持ちのいい大空間をつくるため...

2,700mmのハイパネル、3,000mmのMAXパネルを開発しました。

img
img

2013年

めざしているのは耐震性の向上だけではありません。

わたしたちは国産スギ材を使ったパネルを開発し、日本の森を守る家づくりに取り組んでいます。

img
img
img
img

そして現在

木の家は大気中のCO2を軽減する都市の森です。

命を守り次の世代へつなぐ安心の環境づくりをめざしながら木の家を造り続けて22,000棟。
わたしたちはこれからも「安心・安全・快適」を実現する活動を続けて参ります。

東新住建は「国産材ツーバイフォー工法推進委員会」を立ち上げ、全国の木材加工場を訪問して、面談しながら国産2×4材の製材と出荷ができる工場を開拓しています。

img

》Next:永住品質への取り組み

  • お客様の声
  • 施工例
  • 新着の土地・売り土地情報
Page top
モバイル表示