自然エネルギーへの取り組み

1976年

まだ「エコ」という言葉にもなじみがなかった頃...

東新住建は、木のちからを活用して省エネルギーな暮らしを実現できる家づくりをめざしていました。

木の家はCO2を吸収してくれる都市の森。また温度や湿度などの住環境を、ゼロ・エネルギーでコントロールするすぐれた天然のエアコンでもあります。

img

1989年

立体換気システムを開発。

夏は床下から冷気を取り入れて家の中を快適に保つ省エネ型の仕組みです。

家全体をすっぽり遮熱シートで包み、熱損失の大きい開口部にはLOW-Eガラスを採用。効率のいい遮熱・断熱性能を持つ省エネエコ住宅をつくり、地表との温度差を利用して立体換気システムを実現。冬あたたかく、夏は涼しい次世代環境をつくりだしました。

img
img

1999年

ゼロ・エネルギーで換気するBBDを採用した住宅「樹流」を開発。

電力に頼ることなく猛暑の夜も快適に過ごせる特許を取得した技術で、時代先取り型の住まいでした。

img
img

BBDを組み込んだ新しいエコ住宅「樹流」は1999年に環境共生住宅として認定をうけました。

img

BBDは、家の中央の坪庭が「空気を通す筒」となり、屋根上を通る風の負圧効果によって、室内の空気を吸い上げて換気する画期的なゼロ・エネルギー換気システムでした。

2000年

世の中に先駆け太陽光発電と熱温水一体型のソーラーシステム「ヘリオス」を発表。

電気代・ガス代を節約し住む人の暮らしを豊かにする家をめざしました。

「削減した光熱費を返済にまわし、早期に完済できた」「暮らしにゆとりが生まれた」など、多くの喜びの声をいただきました。ここでの経験が、太陽光発電システムの搭載や発電シェルターハウスにつながっています。

img

2002年

大型タウン開発でも太陽光発電搭載の住宅を建築。

快適に暮らせるだけでなく地球環境にも貢献できる家づくり・街づくりをめざしました。

「ヒューマンネイチャー大垣緑園」は自然共生型の街づくりで、マスコミからも注目を浴びました。このころから東新住建の家づくり・街づくりは地球環境を意識したものへと変化していきました。

img
img

2005年

地球環境が大きな社会問題になりました。

img
img

私たちは愛知万博でひとつの理想像を提案しました。

木と光、風、土、水自然のちからを活用する住まいのカタチです。

愛知万博で東新住建は訪れる人を迎えるウェルカムハウスを出展。太陽光発電や雨水利用を含めた新しい家のカタチを具体化しました。

img
img
img
img

2011年

3月11日東日本大震災が未曾有の被害をもたらしました。

電気が使えない。
生活できない。
そして、自家発電への関心が急激に高まりました。

わたしたちも太陽光発電の家づくりをいっそう推進していきました。

img

2012年

再生エネルギーの固定価格買取制度がスタート。

太陽光発電パネル搭載の住宅が人気を集めるようになりました。

東新住建も、太陽光発電設備を搭載した住宅を次々に建築し、お客さまからの大きなご支持を頂戴しました。また同時に自然エネルギー活用の意義を伝えるさまざまなセミナーや広報活動を展開していきました。

img
img

2014年

お客さまと業界を驚かせました。

10kWの大容量パネルを標準搭載したエコ住宅「発電シェルターハウス」が誕生。

東新住建ならではの4.3倍ツーバイ工法と、ビッグルーフ技術が、あったからこそ実現できた住宅です。

img

化石燃料を消費しない太陽光発電は、環境を守る先進技術です。

img
img

大容量の発電パネル搭載を可能にした独自のビッグルーフ技術。

そして現在

いよいよ電力の小売り自由化がスタート。

一人ひとりが自分の暮らしとエネルギーのあり方を選択できる時代になりつつあります。

東新住建はこれからも光・土・水・風など自然のちからを最大限に活かした循環型社会をめざし研究開発を進めて参ります。

img

》40年の取り組み一覧へ戻る

  • お客様の声
  • 施工例
  • 新着の土地・売り土地情報
Page top
モバイル表示