東新住建の弱み

総合展示場に出展しない理由

多くの住宅メーカーは、ハウジングセンターなどの総合展示場にモデルハウスを出展しています。しかし東新住建は、あえてこの方法を選びませんでした。
展示場に並ぶモデルハウスは、多くの来客を得ようと競い合うため、自然と豪華になりがちです。オプションが多用され、価格・規模ともに現実離れした仕様になるケースが少なくありません。私たちは、そんな夢物語のような家よりも、魅力的な等身大の暮らしをご提案したいと考えています。そこで展開しているのが、実邸による「街のモデルハウス」です。
これらは売却を前提に建てられた住宅ですから、過剰な設備や演出もなく、訪れる人はリアルな生活をイメージできます。さらに東新住建では、VR技術を活用することで、外観や内観のバリエーションもその場で体感できるよう工夫しています。

広告宣伝よりも実績を大切に

ハウジングセンターへ出展しない理由は、それだけではありません。通常、大型展示場でモデルハウスを運営するには、建築費以外にも月々数百万円のコストが必要です。これは広告宣伝費用として住宅価格に上乗せされ、お客様の負担を増やすことになります。
また著名タレントを起用したテレビCMや、新聞等を利用した大規模広告も、東新住建は行いません。モデルハウスと同様に、価格上昇につながるからです。
お金をかけてPRするよりも、その分のコストを削減し、質の高い住まいを適正価格で建築するのが私たちのスタイル。そこから口コミで広がる評判こそが、最良の広告宣伝だと考えています。

お客様のこだわりを実現するプロ集団

東新住建は、ご相談から設計・施工、アフターフォローまでを一貫してお引き受けする住宅づくりのプロ集団です。私たちのやりがいは、難しい要求にお応えして、施主様からの評価を頂戴すること。単に安さを追求する家造りは本意ではありません。
ですから、住まいをオーダーなさる際には、まずお客様が求める暮らしをお客様自身の言葉で、なるべく詳しくお伝えください。世界にたったひとつの「理想の家」を求めるお客様のこだわりこそが、私たちのエネルギー源なのです。

東海三県下をフィールドに

東新住建は、基本的に東海三県下で住宅建築を行っています。もちろん他エリアでの施工も可能ですが、その場合は資材運搬費や熟練職人を派遣する人件費などが余分にかかってしまいます。また移動の手間によって工期も通常以上に長引くため、結果的にお客様のご負担を増やすことになりかねません。以上のような理由から、遠方での建築施工はお断りさせていただく場合があることを、ご理解いただければ幸いです。

1棟ずつ時間をかけて丁寧に

東新住建の注文住宅は、1棟ずつ職人たちが手作業で丁寧に仕上げているため、一度に多くの工事を請け負うことができません。
単に建築するだけであれば、工程短縮は不可能ではありませんが、私たちは「ほしいものを、つくります」という理念を掲げる会社です。どんな場合にも、お客様の理想を満たすことを最優先に、じっくりと手間暇をかけた家づくりを続けていきたいと考えています。
そこで受注が重なる時期には、着工に至るまでにお時間を頂戴するケースも生じます。まことに恐縮ですが、どうかご了承ください。

  • お客様の声
  • 施工例
  • 新着の土地・売り土地情報
Page top
モバイル表示