地中熱利用

地中熱とは...

地中熱とは浅い地盤中に存在する低温の熱エネルギーです。大気の温度に対して地中の温度は地下5メートルの深さになると年間を通して温度の変化が見られなくなります。一年中安定しているため、夏場は外気温度よりも地中温度が低く、冬場は外気温度よりも地中温度が高いことから、この温度差を利用して効率的な冷暖房ができます。

地中熱利用の方法

img

地中熱利用の方法は様々にありますが東新住建が研究している地中熱利用方法は地下5メートルに埋められたパイプを通じて一年中安定した地熱を利用し夏は家中を冷やし、冬は家中を暖めます。そのため地中熱利用を取り入れた住まいは「冷暖房時の電気代を節約できる、無駄な電気を使わない省エネ住宅」、「自然の力を利用した地球にやさしいエコハウス」と言えます。

しかし、地中熱に対する認知度がまだ低いことに加え、設備導入に係る初期コストが高く設備費用の回収期間が長いこと。設備の低コスト化と高性能化が十分に進んでいないという技術的課題もあるので東新住建はお客様に安価で安定した地中熱利用ができるように研究・開発に取り組んでおります。

現在では、小牧展示場にて地中熱換気システムを設置しております。

地中熱利用のメリット

img
  • 冷暖房時に大きな節電効果
  • 節電・省エネによるCO2削減
  • 節電・省エネによる電気代・燃料代の削減
  • 大気への排熱放出ゼロによるヒートアイランド現象の緩和

当社が自然エネルギーにこだわる理由

  • お客様の声
  • 施工例
  • 新着の土地・売り土地情報
Page top
モバイル表示