SSチーム

社内大工を育成する「SSチーム」

良質な住宅をお客様にご提供するには、高精度、高品質な構造を工場で生産することは重要ですが現場作業をする大工さんの技量も重要です。しかし現在大工さんの就業者数は2010年に約40万人。1985年には約80万人程度だったので、その数は25年間で半減しています。「まだ40万人もいる」と思うかも知れませんが大工さん40万人のうち60歳以上の人口は約11万人と約3割を占める一方、30歳未満の若手大工は約3.4万人と極めて少ないのです。今後15年以内に相当規模の退職が見込まれており一定の大工さんの入職者数と熟練大工さんからの技能継承がなければ住宅生産体制が空洞化してしまう恐れがあります。新規参集者の減少も顕著で15~19歳の若手労働者数は1995年に19,444人だったものが2005年には5,282人と10年で約4分の1まで減少しています。就業者全体の減少だけでなく「高齢化」「新規参入者の減少」が問題になっています。

SSチーム

そこで当社は社内大工を育成する「SSチーム」を組織化しました。これから迎える住宅問題にもいち早く取り組むことで常にお客様が満足する住まいをお届できる体制づくりにも余念がありません。大工さんが確実に減少していくこれから、人は何十年と住む家をつくるのも直すのも人によるものだからこそ、新たな人が育ち、未来を担うために仕組みがいまこそ必要なのかもしれません。

SSチームスタッフ

SSチームスタッフ
SSチームスタッフ
SSチームスタッフ
SSチームスタッフ
SSチームスタッフ
  • お客様の声
  • 施工例
  • 新着の土地・売り土地情報
Page top
モバイル表示