シロアリ対策

わが国で建築物を加害するシロアリの種類と分布

日本には現在22種のシロアリが生息していますが、建築物を加害するシロアリは主にヤマトシロアリイエシロアリです。そのほか、最近“乾材シロアリ”の仲間であるアメリカカンザイシロアリとダイコクシロアリの被害が増えてきています。
ヤマトシロアリは北海道北部を除く日本全土に、イエシロアリは神奈川県以西の海岸線に沿った温暖な地域と千葉県の一部、それに南西諸島、小笠原諸島に分布 しています。イエシロアリは千葉県以西の温暖な海岸線に沿った地域に散発的に発生しており、ダイコクシロアリは奄美大島以南に分布しています。

img

ヤマトシロアリは特別 に加工した塊状の巣はつくらず、加害箇所が巣をかねており、適当な生活場所と餌を求めて集団で移動する習性があります。 とくに湿潤なところを好みますので、湿った木材や土中で生活していることが多く、主に建物下部を加害します。被害は腐朽と同時に起こることが多く、食痕は多湿で汚ないです。

img

イエシロアリは建物や土中に塊状の大きな巣をつくり、普通数十万匹、大きいものでは100万匹にも達します。加害速度も速く、被害は激烈です。建物の乾燥した木材でも水を運んできて湿しながら加害しますので、被害は建物全体に及びます。食痕は乾燥しており、きれいです。

シロアリの見分け方

シロアリとアリは次の点で簡単に見分けられます。

  1. 触角:アリの触角は「く」の字状をしていますが、シロアリの触角は真珠のネックレスのように数珠状をしています。
  2. :アリの翅は前翅が後翅より大きいのに対して、シロアリの翅は4枚ともほぼ同じ大きさ・同じ形をしています。
  3. :アリは腰の部分が細くくびれていますが、シロアリはくびれはなく寸胴です。
img

シロアリによる家屋の被害

img

土台と柱の被害

シロアリは地中から建物に侵入してくることが多いので、まず土台や床束、柱などの下部が食害されます。柱が浮いていたり、傾いたりして地震や台風の際、思わぬ大被害を受け、とても危険です。

img

天井の被害

シロアリは気付かぬうちに柱や壁などの内部を食い進み、ときには被害が天井裏の小部屋にまで及びます。

img

鉄筋コンクリート造の床板の被害

最近は鉄筋コンクリートやブロック造建物の被害が増えています。コンクリート造建物でも、シロアリはひとたび侵入すると、内部の木材や家具などを食い荒らします。

img

畳の被害

気付かぬうちに、たんすや家具の下の畳がシロアリに食害されていることがあります。

img

家具の被害

たんすなどの家具類に保管していた貴重なものまでシロアリに食害されることがあります。

img

書籍の被害

本や書類も押入れに入れたり。壁に接して積み重ねておくと、シロアリの餌食となります。

住まいをシロアリ被害から守るには...

まずは被害にあわないための「予防」が大切です。被害にあってしまった場合は「早期発見」がポイントとなります。建物の土台部分や床下の被害はなかなか発見しにくいため、定期的な調査を行い、シロアリやその被害を出来るだけ早く発見して退治することです。それよりもさらに被害を受ける前に、適切な予防対策を講じておくことが何よりも肝心です。新築時のほうが防蟻施工がやりやすい上に、比較的安価な経費で、しかも安全な防蟻対策を講じることができます。

img

東新住建のシロアリ対策

新しく家を建築するときのシロアリ対策として、1m以下の木の部分に防蟻(ぼうぎ)剤を散布する『木部塗布』の方法が一般的です。しかし、外断熱住宅の場合、柱などの木の部分が気密層の室内側にあり、断熱材で覆われた気密性の高い室内に、薬剤が影響しないようにする為、出来る限り薬剤は塗布したくありません。また、基礎外断熱に関しても、施工の精度によりますが、断熱材と基礎の間の部分からシロアリが侵入してしまうという被害も多数報告があります。そこで人体に無害で、基礎外断熱工法にも有効的なシロアリ対策が必要とされます。

  • お客様の声
  • 施工例
  • 新着の土地・売り土地情報
Page top
モバイル表示