デザイン・インテリア

東新住建はデザイン・インテリアについても「ほしいものを、つくります」理念のもと、どこにもない外観、見たことのないインテリア提案に心がけてします。創業から見たことのない家づくりに探求し出来あがったのが勾配のある大屋根が特徴的な外観デザインです。これだけの勾配屋根の建築は当時の日本では珍しくまた建築実例のなかったため大工さんと試行錯誤を重ねながら建築をしたものです。この特徴的な外観デザインは日本全国の工務店、建築会社が見学に来たほどです。

昭和の家

家づくりで大事なことは大切な家族を守ることができる安心できる構造で家を建てることであると当社は考えていますが、注文住宅であれば、どこにでもあるような家を建てるのではなく、本当に一つしかない家をお客様と一緒に作りたいと思っていますので常に外観デザインについても世界をリサーチし、お客様が願う住まいを提案できる体制づくりをしております。

またインテリアについても外断熱工法の利点を利用した木地仕上げによるインテリアも提案することができます。本来の住宅は構造躯体を隠すためにプラスターボードとクロスを貼り構造を見せないようにするのが一般的です。しかし当社は独自の技術と外断熱工法を作りあげたことにより構造躯体そのままで住むことも可能にすることができました。住まいは住人十色で住まい方も違ってきます。室内は構造を隠すのが当たり前という概念をなくし、あらゆるお客様の要望を実現できるよう常に探求しています。

木地仕上げ

この新しい住まいづくりへの挑戦は、お客様のご要望に100%ではなく100%以上叶えるためにおこなっています。少しでもお客様のほしいものを、造るために。

  • お客様の声
  • 施工例
  • 新着の土地・売り土地情報
Page top
モバイル表示